05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慰安婦“捏造”吉田氏の長男が真相激白

2016年 08月27日 14:08 (土)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/08/23(火)14:08:50 ID:???

慰安婦“捏造”吉田氏の長男が真相激白

「父は誤った歴史を作り出した」


dms1608231140003-p1.jpg

慰安婦問題で、衝撃的なリポートが発表された。

朝日新聞は、「慰安婦を強制連行した」という吉田清治氏の虚偽証言を30年以上も放置し、日本と日本人の名誉と尊厳を傷付けたが、ジャーナリストの大高未貴氏が、月刊誌「新潮45」9月号で、吉田氏の長男のインタビューに成功したのだ。

「父は大変誤った歴史を作り出した」「世界中の慰安婦像をクレーン車で撤去したい」などと激白する長男と、某国組織の関与が疑われる吉田氏の背景とは。

大高氏が、渾身リポートの一部を披露した。

私は十数年前から、日本軍による強制連行説を世界に広めた「吉田清治」という人物に興味を持っていた。

吉田証言については、現代史家の秦郁彦氏が、吉田氏が慰安婦狩りの舞台になったと証言した韓国・済州(チェジュ)島で現地調査を行い、1992年に産経新聞でその「虚偽性」を指摘している。

吉田氏も96年に週刊新潮の取材に「創作話」であったことを認めている。


安倍晋三首相も、自民党青年局長時代の97年5月27日、衆院決算委員会第二分科会で「そもそも、この『従軍慰安婦』につきましては、吉田清治なる詐欺師に近い人物が~」と指摘し、首相就任後の2007年3月5日、参院予算委員会でも「(吉田)証言はまったく、後にでっち上げだったことが分かったわけでございます」と答弁している。

一連の批判に耐えきれず、朝日新聞は14年になって、ようやく吉田証言を虚偽と判断し、16本の記事を撤回した。

本来ならここで終わる話だ。

ところが、奇妙なことに吉田証言は生き続け、世界各国に次々と設置される慰安婦像の説明文に憑依して、国際社会で現在もなお増殖しているのだ。

吉田証言を重要な証拠として採用し、国連人権委員会で日本への非難勧告を行ったクマラスワミ報告も、外務省の申し入れにも関わらず、いまだに撤回されていない。

誤解を恐れずに言えば、吉田証言はプロパガンダとしては大成功だったのではなかろうか。

だが、このプロパガンダを行った「吉田清治」という人物の来歴は、謎に包まれたままだった。

生年も出生地も定かではなく、学歴も経歴も不明だ。

そして、名前はいくつもある。さほど年齢も違わない朝鮮人を、何故か養子にもしている。

一体、「吉田清治」とは何者だったのか?

私は、その謎を解明したい衝動にかられ、吉田氏の長男を訪ねた。

長男は関東北部の県で、質素な一人暮らしをしていた。

最初の取材で、重たい口から発せられた言葉は、以下のようなものだった。

「父が犯した慰安婦強制連行の捏造について、吉田家の長男として、日本の皆様に本当に申し訳なく思っております。できることなら、クレーン車で世界中の慰安婦像を撤去したい…」

父の責任は重大ですが、一方で、あれだけの創作話を父1人でできるはずがありません。慰安婦問題を既成事実化したい人々の何らかの関与があったはずです

それから、私は何度も長男のもとに取材に通った。

そして、過去の記憶をたどるうちに、驚愕の事実が続々と明らかになってきた。

父は済州島なんか行っていません。家で地図を見ながら原稿を書いていました

謝罪行脚のため訪韓した際、父のパスポートに入国スタンプは押されていませんでした。なぜなら…

朝日新聞は、吉田氏の戦後の経歴を「サラリーマン」などと報じていたが、吉田氏は人生の大半は定職につかず、その生活費は息子たちが賄っていたという。

著作、講演活動を繰り広げながら満足にお金を得ることもなく、生活は常に困窮していた。

吉田氏は一体、誰のために、何のために活動してきたというのか?

その謎を解くカギの1つは、吉田家と家族ぐるみで長期にわたって付き合いがあった、神奈川県警の元刑事A氏から教えてもらった。

吉田氏は「朝鮮半島のある組織にお金を借りていた」というのだ。

吉田氏の韓国謝罪行脚をテレビで見ていたA氏は「正直なところ、可哀そうだなと思いました。(略)痩せちゃっているし、おびえている姿そのものでしたよ…」と当時の印象を語っている。

誰よりも吉田氏を知る長男の告白は、ジワジワと慰安婦問題の虚構の化けの皮を剥がしてゆくこととなろう。


■大高未貴(おおたか・みき) 

1969年、東京都生まれ。
フェリス女学院大学卒業。
ダライ・ラマ14世や、PLOの故アラファト議長などにインタビューする。
著書に『ISISイスラム国残虐支配の真実』(双葉社)など。
最新号「新潮45」のリポート「『吉田清治』長男、衝撃の告白 『慰安婦像をクレーン車で撤去したい』 慰安婦問題を作った男の肖像」では、吉田氏の長男など、関係者に徹底取材して、吉田氏の知られざる“正体”に迫っている。

zakzak 2016.08.23

1816_xl.jpg

新潮45 2016年9月号

参考記事

「慰安婦」日韓合意で欧米各紙は相変わらずのトンデモ報道 

「最終的かつ不可逆的」解決への道のりはなお遠い…




慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決する」ことをうたった昨年12月の日韓合意は、国際社会から高い評価を受けている。

しかし、海外メディアは「日本が非を認めた」と解釈しているだけでなく、「慰安婦20万人」「被害者は14歳」などの誤った情報をまるで“事実”のように報じている。

間違った認識が根本的に正されない限り、慰安婦問題はまた蒸し返されるだろう。

真の問題解決のためにも日本政府は海外で拡散された“を払拭する取り組みに本腰を入れるべきだ。

1日に40人の男とセックスさせられた。ついに日本がおぞましい慰安婦制度について謝罪した。生存者のチョン・オクスンは、朝鮮半島北部の咸鏡南道の自宅から警察官によって誘拐されたとき、まだ13歳だった。多くの被害者が14歳から18歳だったのは、軍が処女を手に入れることができるからで、誘拐に抵抗して殺される家族もいた

昨年12月30日付の紙面で、こう報じたのは英大衆紙サン。

引用したのは1996年に国連人権委員会(当時)で報告された、いわゆるクマラスワミ報告の内容で、虚偽であることが明白な著作などを基に作成されたことが明らかになっている。

カナダ紙オタワ・シチズンのコラムも、クマラスワミ報告の同じ部分を引用していた。

さらに「41万人の少女や女性が誘拐され、生存者は46人のみ」といったとんでもない数字にまで言及している。

今年1月1日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、慰安婦問題に関する共著を持つ米大学教授のこんな投書を掲載した。

生存者の証言によれば、この残酷なシステムの標的は生理もまだ始まっていない13、14歳の少女だった。彼女たちは積み荷としてアジア各地の戦地へ送られ、日常的に強姦された。これは戦争犯罪のみならず、幼女誘拐の犯罪でもある

読むだけで不快になるような海外メディアの報道を調査したのは、豪州で慰安婦像設置計画を廃止に追いこんだ現地住民らの組織「オーストラリア・ジャパン・コミュニティー・ネットワーク(AJCN)」だ。

日韓合意後、多くの海外メディアが「日本がついに戦時中の性奴隷制度を認め、謝罪した」と報じていたことから、1月3日までの報道を調査し、その結果をホームページに掲載した。

一連の調査を踏まえ、AJCN代表の山岡鉄秀氏は「日本政府は深く謝罪した。韓国は受け入れるべきだと主張する海外メディアは皆無だった」と指摘する。

その上で「日本政府は今すぐ『何を認め、何を認めていないのか』を説明すべきだ」と訴える。

今回の合意内容は、日韓国外相による共同記者発表でしか公表されておらず、発表以外の部分は解釈が自由なのだ。

「合意したのは発表した内容だけ」と話す日本政府関係者もいるが、どうもすっきりしない。

あえて曖昧にして韓国側に配慮したとすれば、これまでのそうした配慮が結局、日本を苦しめることになっていたからだ。

日本政府としてできることはある。山岡氏が求める説明は相手国があることから難しいのだろうが、まずクマラスワミ報告書の反論文を公開してはどうか。

報告から20年以上たった今も海外メディアから「証拠」として活用されているのは、これまで日本政府が反論してこなかったからにほかならない。

また、外務省ホームページの「歴史問題Q&A」も改定すべきだろう。

どうして2014年に日本政府が設置した河野談話作成過程の「検討チーム」の報告内容に言及しないのか。

朝日新聞が女性を強制連行したと虚偽の証言をした吉田清治氏に関する記事を取り消したことも明記してもいいはずだ。


他にも取り組むべきことはいろいろあり、それは決して韓国を非難・批判するものではない。

反発する勢力もあるだろうが、一方的な歴史認識を違う角度から見直すきっかけを与える取り組みはあってしかるべきだ。

そこには民間だけでなく、政府の存在があってもいい。


(政治部 田北真樹子)

産経ニュース 2016.1.24 13:23
関連スレ おーぷん2ちゃんねる

42 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/01/17(日)09:34:04 ID:1yp [1/2]

外務省が酷いのは戦前からだが、現在のような無気力、無能集団になったには外務官僚から国連大使になった売国奴の責任。

この売国奴は外務官僚時代に次官として河野談話の作成を指揮しながら、談話発表の三日前に退官して責任逃れした。

数年後、国連にクマラスワミ報告書という与太話が提出されると、外務省は反論文書を作成して提出。

ところが、国連大使になっていた売国奴はこの反論文書を撤回するよう外務省に圧力をかけた。


正論を掲げても助けてくれない政府に嫌気が差しても仕方ない。

この売国奴を処罰したいが、社稷のネズミは燻り出すのも困難。

口惜しや。

小和田恆_convert_20160201122730

皇太子と雅子妃の操り人 小和田恒氏の凄まじい売国 【拡散自由】



72 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/01/17(日)10:22:25 ID:gS4
>>42

それ皇太子妃の御父上って言っちゃっていいのよ?

小和田恒



小和田 恆(おわだ ひさし、1932年(昭和7年)9月18日 - )は日本の元外交官。

外務事務次官、国連大使、財団法人日本国際問題研究所理事長等を歴任し、2012年12月現在、国際司法裁判所判事。

元・国際司法裁判所所長(第22代)。

皇太子徳仁親王妃雅子の実父。

評論家の渡部昇一は、中曽根内閣の時に小和田が「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」と答弁したことを、「国賊と言ってもいいでしょう」と強い調子で非難している。



追加資料

日本政府、クマラスワミ氏に直接、報告書の記述撤回要請
産経ニュース 2014.10.16 20:16更新

日本のクマラスワミ報告訂正要求、ニューヨーク・タイムズが批判
livedoornews 2014年10月17日 17時46分

クマラスワミ報告修正不要・元特別報告者
47NEWS 2014/09/04

慰安婦関連BKD一覧

河野談話_convert_20140621224432

公正、真実、信頼…どこまでも怪しい河野談話

慰安婦問題 真実より外交…「強制ありき」作文談話の罪

【河野談話検証】事前に韓国側と文言調整 検証結果で明らかに

【河野談話】秦 郁彦氏、国民への義援金説明から悲惨さ誇張と認識

従軍慰安婦問題、河野談話で曲解広まる

慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士

無題


「従軍慰安婦=性奴隷」説を世界中に広めた戸塚悦朗弁護士

戸塚悦朗


捏造された慰安婦問題拡散のきっかけの1つが朝日新聞大誤報

植村隆


必見関連サイト

吉見義明が主張する強制連行の証拠とされた公文章

520952.jpg

従軍慰安婦の真相様より引用

kanyo_convert_20121022132218.jpg

http://resistance333.web.fc2.com/html/kanyo.jpg

以下は分かり易く現代語訳

 件名  『軍の慰安所従業婦等募集について』

副官より、中国北部方面軍、及び、中国中部派遣軍 参謀長宛の通牒案

日中戦争における慰安所設置の為、募集業者が慰安婦を募集する際、“日本軍の名義・権威を利用し、その結果 日本軍の威信を傷つけ、庶民の誤解を招く事例”や“従軍記者、慰問者などを通じて、不統制に募集し、社会問題を惹起する事例”や“慰安婦を募集する業者が相応しくない場合、誘拐に類した方法を使い、警察の検挙・取調べを受ける事例”など注意を要する事例が少なくない。
将来、慰安婦の募集に関しては、派遣軍がこれを統制し、慰安婦募集業者の選定を周到・適切に行い、慰安婦募集に際しては、関係地方の憲兵、警察当局と協力すること。
日本軍の威信保持、また社会問題上、遺漏のないよう十分配慮することを依命、通牒する。

1938年3月4日

資料画像の問題点解説は更に下記のサイトが詳しい。

日本人と韓国人 その似て非なる事


『連繋を密にし』

日本人の貴方はこれをどう読みますか?

「れんけいをみつにし」

「れんけいをひそかにし」


慰安婦問題をめぐる動き_convert_20140728115425

キーワード

yoshida.jpg

吉田清治


ネットの声

【慰安婦捏造問題】慰安婦捏造の吉田証言「長男が告白」:親父のパスポートには「韓国」の入国スタンプは無い~神奈川県警の元刑事A氏「吉田氏は朝鮮半島のある組織にお金を借りていた」[H28/8/24]
元スレ おーぷん2ちゃんねるより

2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/24(水)12:14:06 ID:Bry

共産党から出馬してただろ
北朝鮮と共産党のズブズブ反日工作バレバレやん


3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/24(水)12:19:57 ID:nBp

工作員であった訳だ

4 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/08/24(水)13:01:39 ID:vCz

日本人の売国いっぱいいるだろ。
存在を否定するのが多いが、それがバレるほうが都合悪いんだろうな。


6 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/24(水)19:45:53 ID:ot5

日本の左翼は中国や朝鮮半島のスパイでしかない連中が多過ぎる

7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/24(水)19:55:45 ID:clJ

>「謝罪行脚のため訪韓した際、父のパスポートに入国スタンプは押されていませんでした。なぜなら・・・」

全てはこの一文に集約されていそう
この長男には同情します 


10 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/08/24(水)21:46:13 ID:Qkw

なんかいきなりいろいろ出始めたな

11 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/24(水)22:50:43 ID:AMo

あーあ
パスポートの話まで出たのか


13 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/24(水)23:50:08 ID:Viy

これこそスクープのハズなんだけどナー

19 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/25(木)05:49:44 ID:ySl

朝日はこれを記事にしないと駄目だろ

21 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/25(木)05:59:45 ID:wgB

>吉田氏は「朝鮮半島のある組織にお金を借りていた」というのだ。

新潮選書「慰安婦と戦場の性」(新潮選書)には、詐話師としての吉田清治が写真入りで紹介されている。

しかし、そういう事情なら僅かに酌量の余地はあるかもしれない。

それにしても、もたらされた結果があまりにも重大。

その話が事実ならば、教科書や雑誌や新聞の記述を書き換えた共同正犯は「朝鮮半島の組織」。


27 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/25(木)13:48:06 ID:HQk [2/4]

・父は韓国人名義パスポート使用してた
・密入国だったので韓国入管の管理外
・謝罪行脚テレビは日本のテレビ局のセットで撮影したフィクション映像

妄想が膨らんでしまう


30 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/25(木)19:45:39 ID:HQk [3/4]
>>27
原文立ち読みしてきたw

日本からの出国帰国記録はあったがその間にあるはずの韓国入国出国スタンプが無い。

つうこと。


31 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/25(木)19:51:14 ID:HQk [4/4]
>>30
(続き。)
韓国の空港に降りたとたん政府関係者が迎えに来て特別室に通されて入国。
だから韓国入管とおってないらしい。


ということは謝罪行脚は韓国政府の仕込みで、金貸した朝鮮組織=政府、かもしれん。


40 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/26(金)18:11:14 ID:AAR [2/2]
>>30

イミグレ通らずに済む厚遇。熱烈歓迎じゃないですか。

朝日新聞社、こんな政治工作に荷担してたんだな。


42 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/27(土)10:45:30 ID:Uyv

左や韓国中国らが反日プロパガンダの嘘をでっち上げるために
日本国内や海外にて何をやらかしてるかを
世に知らしめて欲しいよね




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。