07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が何でも政治的圧力があったことにしたい朝日新聞・佐藤美鈴記者

2016年 06月12日 13:33 (日)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆PT5MXLpFOU[sage] 投稿日:2016/06/08(水)09:32:43 ID:7q9

政治的圧力があったことにしたい圧力はどこから?



国内外の一部のマスコミやジャーナリストが「日本のテレビ局に政府・自民党の政治的圧力がかかっている」と主張している。

だが、テレビ局のニュースキャスターたちは一様に「そんなことはまったくない」と否定する。

一部マスコミの主張は事実に反しているのか、それともキャスターたちがウソをついているのか。


■ 「何らかの圧力や局側の忖度があった」? 

マスコミの中で、テレビ局への政治的圧力の存在を特に強く主張するのが朝日新聞である。

朝日新聞はこのところ「日本のニュースメディアは政府・自民党の政治的圧力を受け、報道スタンスを変えている」という主張を熱心に広めている。

テレビのニュース番組に関しても「政治権力の圧力」を強調するようになった。

ごく最近では4月20日の朝刊で「政治権力の側からテレビ局への『注文』が相次いでいる」と明記していた。

同日から始まった「教えて!  ニュースキャスター」というタイトルの連載インタビュー記事では、問題提起として以下のようなことが書かれている(これらの記述は誰かの言葉を引用したわけではなく、朝日新聞の記者が書いた地の文章である)。

テレビでは国谷裕子、岸井成格、古舘伊知郎の三氏が番組を去った。(中略)何らかの圧力や局側の忖度があったのではないかとの疑念も残る。研究者やジャーナリストたちから、政府・与党の動きに対して懸念の声も上がっている

テレビの表現の自由は揺らいでいないか。日々のニュースは、萎縮することなく伝えられているのか


■ 古舘氏が明かす驚きの“演出”とは

古舘

ところが5月31日付の朝刊では、テレビ朝日系のニュース番組「報道ステーション」の前キャスター、古舘伊知郎氏が、その種の政権からの「圧力」「要求」の存在を完全に否定していた。

むしろ逆に「圧力があったかのような」空気を醸し出す演出をしたというのだ。

古舘氏と朝日新聞の佐藤美鈴記者との一問一答の一部を以下に紹介しよう。

佐藤記者「政治からの圧力は本当になかったのですか」

古舘氏「僕に直接、政権が圧力をかけてくるとか、どこかから矢が飛んでくることはまったくなかった。圧力に屈して辞めていくということでは決してない」

佐藤記者「それでも、なんらかの圧力があったのではと受け止められた」

古舘氏「画面上、圧力があったかのようなニュアンスを醸し出す間合いを僕がつくった感はある。実力が足りなかった

佐藤記者はとにかく「政治的圧力」の存在を認めさせようと執拗に迫る。

それに対して古舘氏は一貫してきわめて明確に否定する。それどころか、「圧力があったかのようなニュアンスを醸し出す」ことに画面上で努めたというのだから驚かされる。


佐藤記者は古舘氏に、他のテレビ局のキャスターたちにも政治的圧力があったのでは、という疑問を提起する。

その部分のやり取りは以下のとおりである。

佐藤記者「この春、NHK『クローズアップ現代』の国谷裕子さん、『NEWS23』の岸井さんも相次ぎキャスターを降りました」

古舘氏「岸井さんも国谷さんも、会ったことはありません。同時多発に辞めたのは不思議ですね。通底する何かがあるんですか?  むしろ朝日新聞にお聞きしたい

これも象徴的な言葉のやりとりである。古舘氏の側は他の局のキャスターが辞めた理由などなにも知らない、という。

朝日新聞に教えてほしいと逆に頼むのである。

なお古舘氏はこのインタビューで、自主規制的な傾向については、視聴者からのメールや電話での意見に最も大きな影響を受けたと明かしていた。


■ NHKも日テレもキャスターが否定

朝日新聞は前記の「教えて!  ニュースキャスター」というインタビュー連載で、NHKの「ニュースウォッチ9」のキャスター、河野憲治氏にも同様の質問をしていた。

朝日新聞の記事によると河野氏は以下のように語ったという。

河野憲治_convert_20160612125155

昨今、国会では『政治的公平性』が話題になっていますが、僕たちの現場で外から圧力を感じたり、萎縮して忖度したりすることはありません。忖度という言葉が独り歩きしている部分もあると感じます

「忖度」(そんたく)というのは「他人の心中をおしはかること」という意味である。

この場合は、政府や与党の考え方、あるいは野党や他のメディアの考え方を勝手におもんばかって、自分の表現を左右するという“自主規制”を指す。

つまり、NHKニュースの看板キャスター河野氏は、政府や政権からの圧力も、政権側の意向に配慮して自主規制することもないと明言している。

さらに、日本テレビの「ニュースゼロ」というニュース番組のキャスターの村尾信尚氏も同様の趣旨を語っていた。

これも朝日新聞の同じ連載インタビューでの回答だった。

村尾信尚

キャスターの端くれである僕が外部からの圧力を感じたことは一切ない。圧力を感じて自分たちの意見を曲げるとか、発言を控えたことは1回もありません

このようにテレビ朝日の古舘氏、NHKの河野氏、日本テレビの村尾氏が、朝日新聞が執拗に提起する「政権からの政治的圧力」を揃って否定している。

彼らの言葉が事実ならば、朝日新聞がしきりに宣伝する「圧力」や「忖度」は虚構の“でっち上げ”ということになる。

しかも、きわめて政治的な意図が露骨な虚構のようにも見える。

そうした政治的意図を含んだ論調こそが、圧力のかかった報道と言えるのではないか。


古森 義久

JBpress 2016年6月8日(水)6時10分配信


関連

【メディア】古館氏「政治的圧力」演出していた! [H28/6/10]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1465511439/

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/06/10(金)07:30:39 ID:???

キャスター敗北の12年

古館氏「政治的圧力」演出していた!

「古森義久の内外透視」


朝日新聞が5月31日朝刊に掲載したテレビ朝日の前キャスター、古舘伊知郎氏とのインタビュー記事は衝撃的な内容だった。

古舘氏は朝日新聞キャンペーンとして伝える、「テレビ局に政府・自民党の政治的圧力がかけられている」という趣旨の主張を完全に否定しただけではなく、自分自身が画面上でその政治的圧力があるかのような演出をしていたと認めたからだ。

圧力がないのに圧力があるかのようにみせかけていた、と、当の本人が告白したのだ。

この報道は「キャスター敗北の12年」「インタビュー」という見出しの長文の記事だった。

内容は朝日新聞の佐藤美鈴記者と古舘伊知郎氏との一問一答がほぼすべてである。

古舘氏はいうまでもなくテレビ朝日系のニュース番組「報道ステーション」のキャスターを12年間、務め、今年3月末に降板した著名人である。

このインタビューでは佐藤記者が「政治的圧力があったのだろう」という推測を何度も何度も執拗にぶつけ、誘導尋問を試みる。だが古舘氏はそんな圧力はまったくなかったと、否定を繰り返す。

そして圧巻は以下のやりとりだった。

佐藤記者「それでも、なんらかの圧力があったのではと受け止められた

古舘氏「画面上、圧力があったかのようなニュアンスを醸し出す間合いを、僕がつくった感はある

以上の古舘氏の言葉で「圧力があったかのような」というのは、明らかに圧力は実際にはなかったのに、あったかのようにする、という意味である。

その後の「ニュアンス」とは普通の意味では「見えない何かを感じるさま」という意味だろう。

「醸し出す」とは「作り出す」ことである。

つまり政治的圧力がないのに、あったかのように視聴者に感じさせる虚偽の印象を作り出していた、ということになる。

なんともショッキングな告白である。

この古舘氏の告白こそ朝日新聞などがこのところ続けている「政府のテレビ局への政治的圧力」キャンペーンの真実だといえよう。

つまりは政治的圧力があるかのようなニュアンスがキャスターにより意図的に醸し出されていたというわけなのだ。

参考までにこの同じインタビューで古舘氏が語った他の言葉も紹介しておこう。

要するに朝日新聞の推進する「政治的圧力」キャンペーンの全面否定なのである。

佐藤記者「政治からの圧力は本当になかったのですか

古舘氏「僕に直接、政権が圧力をかけてくるとか、どこかから矢が飛んでくることはまったくなかった。圧力に屈して辞めていくということでは決してない

佐藤記者「この春、NHK『クローズアップ現代』の国谷裕子さん、『NEWS23』の岸井さんも相次ぎキャスターを降りました」
古舘氏「岸井さんも国谷さんも、会ったことはありません。同時多発に辞めたのは不思議ですね。通底する何かがあるんですか? むしろ朝日新聞にお聞きしたい

いやはやなんとも信じがたいような真実の発覚だといえよう。


古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)
Japan In-depth 2016/6/9



ネットの声

2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/06/08(水)09:47:51 ID:58Q

本人が否定しているならそれまでだろ

4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/06/08(水)10:49:44 ID:B6H

ありのままの事実を報じる拒否するパヨクマスコミが
「パヨクマスコミによる情報統制の邪魔をするな」って怒ってるだけなのよね

左翼の悪事を隠蔽したり
中韓の嘘を支援したりするために
報道しない自由を使うパヨクマスコミがさ


6 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/06/08(水)10:58:12 ID:3e7

結局報道に圧力かけてるのって、自社の社風や経営陣、上司とかの個人的、組織的な思想傾倒なんだろ?

8 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/06/08(水)19:49:31 ID:JdN

左翼マスコミは
左翼の悪事はろくに追求しないし報道しないってやるし
左翼やマスコミに邪魔な存在を叩き潰すためなら瑣末事でも針小棒大に取り上げてネガキャンを繰り広げるって
そういう感じにナチスの宣伝戦の手法を踏襲して世を煽動しようとするのが大好きだけど
そういったマスコミの報道の偏向っぷりがネットで取り上げられつつマスコミへの苦情が一般人から来てるってのを誤魔化したいだけだろうよ


10 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/06/08(水)20:54:53 ID:gt1 [1/2]
48 :名無しさん@おーぷん :2016/06/07(火)11:28:58 ID:UqU ×

CatNA @CatNewsAgency

報ステの古館が官邸の圧力で更迭されたというデマの最初の出所は、某大学教授夫人が昨年末に投稿したこの記事だったようですね。

http://ysugie.com/archives/4419
https://twitter.com/CatNewsAgency/status/739414319448788992

官邸圧力デマの発端は学者同士の酒の席でのヨタ話。
それを正義感にかられた奥さんが投稿しちゃった。
その結果、拡散し、海外メディアにも喧伝され、
国連特別報告者や国境なき記者団にまで影響を与えたとしたら、どう責任取るんでしょうね。

http://ameblo.jp/eisku-ide/entry-12114306900.html
https://twitter.com/CatNewsAgency/status/739424420951773184

官邸圧力デマ拡散の主犯は、元NHK職員のこの人。
池上彰ファンクラブの管理人。
投稿者や関係者がデマだから削除してくれと頼んでいるのに、拒否。
「火のないところに煙は立たない」、と嘯く始末。
後にガーディアンやエコノミストが報じたら大喜び。

http://sugie.tokyo/profile
https://twitter.com/CatNewsAgency/status/739429567719317505

phineasNBJ @phineasNBJ
@CatNewsAgency
海外紙で大喜びというのは、このエントリーですね。
見事な出羽守ぶりですな。

http://ysugie.com/archives/4892
https://twitter.com/phineasNBJ/status/739431688002904064

11 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/06/08(水)20:56:41 ID:gt1 [2/2]
49 :名無しさん@おーぷん :2016/06/07(火)11:29:58 ID:UqU ×
>>48 つづき

CatNA @CatNewsAgency

などなど、官邸圧力で古館が更迭されたとするデマを最初に流した人々についてまとめました。
断定する気はありませんが、リテラが海外メディアの情報元に使われているとしたら、洒落になりませんね。

http://blog.livedoor.jp/catnewsagency/archives/7039594.html
https://twitter.com/CatNewsAgency/status/739435325911498752

以前は、朝日新聞とニューヨークタイムズがニュース・ロンダリングをして問題になってましたが、最近はリテラとエコノミスト・ガーディアンがロンダリングしているみたいですね。
レベルが下げる一方。
朝日の方がマシだったかも。(笑)

https://pbs.twimg.com/media/CkML1-MUYAAhDlp.jpg
https://twitter.com/CatNewsAgency/status/739447792842608640

『官邸圧力で古館が更迭された』というデマを拡散したNHKの杉江氏は、『今回の国谷さんの降板劇は、安倍政権の言論弾圧とは直接何の関わりもありません。
放送開始から25年、ようするに長すぎたのです。』と書いていたんですよね。
なのに、変心。

https://twitter.com/CatNewsAgency/status/739620979547066368

『官邸圧力で古館が更迭された』というデマを拡散したNHK杉江義浩と、池上彰の若き日の動画。
杉江氏は池上彰のファンクラブ管理人でもある。
子供向けとはいえ、NHKニュース番組のプロデューサーをしていた人物がデマを拡散するとは如何なものか

http://youtu.be/lP0xjnp9NiA
https://twitter.com/CatNewsAgency/status/739683439255781376

15 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/06/10(金)00:55:17 ID:Md2

圧力は視聴者からきてるんだろ。
言ってる事がおかしいと視聴者にバレてるんだよ。

政府がやるなら批判そのものをさせないはず。
ところが各局ともしっかり政府批判は続けてるじゃないか。
キャスター降板とか遠回し過ぎるし、そもそも局が降板させてるんだろ。


23 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/06/11(土)11:23:13 ID:F8B

椿事件の反省の無いテレビ業界団体なんだよね

椿事件


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。