05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若宮啓文・元朝日新聞主筆が死去

2016年 04月29日 13:59 (金)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage] 投稿日:2016/04/29(金)01:29:34 ID:???

若宮啓文・元朝日新聞主筆が死去



朝日新聞社で論説主幹や主筆を歴任したジャーナリストの若宮啓文(わかみや・よしぶみ)さんが28日、訪問先の北京市内のホテルで亡くなっているのが見つかった。

68歳だった。

シニアフェローを務めている公益財団法人・日本国際交流センターから家族に連絡があった。

現地の警察当局によると、外傷はなく、病死とみられる。北京で28、29両日に開かれる日中韓3カ国のシンポジウムに出席するため滞在していた。

27日、ソウルから北京入り。同センターのスタッフと北京で合流したが、同日夜から体の不調を訴えていたという。

28日昼過ぎ、電話をしても応答がないことを不審に思ったスタッフがホテルの従業員と部屋を確認したところ、浴室で倒れていた。

1970年に朝日新聞に入社。長野支局時代に、部落差別の現状を伝える連載キャンペーンを展開。

加筆して著書「ルポ現代の被差別部落」を刊行した。

75年に配属された政治部では、宮沢喜一氏らの宏池会などを担当した。

2002年に論説主幹に就くと、「闘う社説」を掲げる一方、国際社会の中で日本がとるべき針路を改めて問うた。

07年の憲法記念日に21本の社説を一挙に掲載した「提言・日本の新戦略――社説21」を主導。

憲法9条は堅持しつつも、新しい平和安全保障基本法で自衛隊の役割を位置づけるべきだと主張した。

小泉純一郎首相の靖国神社参拝では、読売新聞の渡辺恒雄主筆と雑誌「論座」で対談。

両紙を代表する2人が足並みをそろえて「参拝反対」を訴えた。

12年3月には、大統領復帰直前のロシアのプーチン首相と海外主要紙幹部とともに会見。

日ロ間の領土問題について、プーチン氏から「引き分け」で解決しようとの発言を引き出した。

朝日新聞退社後も追い続けたのは、日本の保守政治の「アジア観」だった。

日韓国交正常化50年の昨年、旧著に加筆して「戦後70年 保守のアジア観」を出版。昨年度の石橋湛山賞を受賞した。

日中韓を中心とする国際交流に尽くし、韓国の大手紙・東亜日報にもコラムを書いていた。

熊本地震特集 ライフライン情報など


朝日新聞デジタル 2016年4月28日23時19分


関連資料

「朝日新聞主筆若宮啓文氏 女・カネ・中国の醜聞」

朝日

無題

若宮啓文「風考計」

竹島と独島 これを「友情島」に…の夢想


 それは、嵐の中に飛び込むようなものだった。島根県が「竹島の日」条例を定めて間もない18日、日本批判が燃えさかる韓国を訪れたのだ。

 大先輩にあたる韓国のジャーナリスト・権五ギ(クォン・オギ)さんとの対談で作った『韓国と日本国』(朝日新聞社刊)が韓国語になって出版され、この日にソウルで記念の催しが行われた。そこに降ってわいたのがこの問題だった。

 日の丸が焼かれる。抗議のために指を詰める。「日本人お断り」のゴルフ場が現れる。「竹島の日」に対抗して「対馬の日」を定めようとの自治体まで出てくる。韓国政府は「断固対処」の対日新原則を発表し、やがて盧武鉉大統領は「外交戦争」と言い出す。出版会こそ無事に終わったものの、私の心は晴れないままだ。

     ◇

 いつか見た光景が目にだぶる。

 日本の高校の歴史教科書が「歪曲(わいきょく)」だと問題になり、「反日」旋風が吹き荒れたのは、私がソウルで留学生活を送っていた82年のことだ。新聞もテレビも「日本はけしからん」で明け暮れ、韓国政府は強硬姿勢を譲らない。「克日」の言葉が生まれ、国民の募金で独立記念館ができた。

 だが、あれから23年。サッカーW杯の共催を経て、空前の韓流ブームの中にいる。今年は「日韓友情年」と呼ばれ、NHKの「のど自慢」も6月にソウルで開かれる。『韓国と日本国』では権さんと率直な自国批判を語りあったが、大きな時代の変化を実感すればこそだった。それなのに、これは一体どういうことか。私も大きな戸惑いを禁じ得ない。

 韓国が独島と呼ぶこの島に、こだわりが強いのは知っていた。だが、これほどの熱狂を招くとは。いささかあきれながらも、今回思い知ったのは島に寄せる彼らの深い情念だった。

 明治政府が竹島を日本のものとして島根県に編入したのは1905年2月。その秋に韓国が日本に強要されて保護国となり、5年後に併合されてしまう。だから、韓国にとって竹島編入は植民地支配への第一歩と映るのだが、裏を返せば、戦後に韓国が強行した竹島占拠は、植民地解放の象徴ということになる。

 いや、日本が自国領と主張する島の岩肌に「韓国領」と大書し、40人の警備隊員がこれ見よがしに駐留する姿を見ると、ひょっとして、どこかで植民地支配への報復気分を味わっているのかもしれない。日本が独立運動を容赦なく弾圧したように、彼らも「竹島奪還」の動きには過敏に鉄槌(てっつい)を加える。それが今度の騒ぎだといえば、意地が悪すぎようか。

     ◇

 それにしても、にわかに広がった日韓の深い溝は、両国の関係にとどまらない深刻さをはらんでいる。

 まず、北朝鮮との関係だ。核と拉致で「日朝」が最悪になっている折、「日韓」の好転ぶりが救いだと思っていたのに、これでは下手をすると民族と民族の対立になりかねない。

 朝鮮戦争を仕掛けられ、悲惨なテロの犠牲にもなってきたはずの韓国なのに、いまは北朝鮮に寛大だ。むしろ、拉致問題で強硬論があふれる日本に対して「日本支配時代に数千、数万倍の苦痛を受けた我が国民の怒りを理解しなければ」と盧大統領が注文をつけるのは、南北を超えて同じ血が流れているからに違いない。

 これでは北朝鮮への包囲網どころではない。韓国にも冷静に考えてほしいところだが、日本にはいまも植民地時代の反省を忘れた議論が横行する。それが韓国を刺激し、竹島条例への誤解まであおるという不幸な構図だ。

 さらに目を広げれば、日本は周辺国と摩擦ばかりを抱えている。

 中国との間では首相の靖国神社参拝がノドに刺さったトゲだし、尖閣諸島や排他的経済水域の争いも厄介だ。領土争いなら、北方四島がロシアに奪われたまま交渉は一向に進まない。そこに竹島だ。あっちもこっちも、何とまあ「戦線」の広いことか。

 そこで思うのは、せめて日韓をがっちり固められないかということだ。

例えば竹島を日韓の共同管理にできればいいが、

韓国が応じるとは思えない。

ならば、

いっそのこと島を譲ってしまったら、

と夢想する。


 見返りに韓国はこの英断をたたえ、島を「友情島」と呼ぶ。周辺の漁業権を将来にわたって日本に認めることを約束、ほかの領土問題では日本を全面的に支持する。FTA交渉も一気にまとめ、日韓連携に弾みをつける――。

 島を放棄と言えば「国賊」批判が目に浮かぶが、いくら威勢がよくても戦争できるわけでなく、島を取り返せる見込みはない。もともと漁業のほかに価値が乏しい無人島だ。元住民が返還を悲願とする北方四島や、戦略価値が高い尖閣諸島とは違う。

 やがて「併合100年」の節目がくる。ここで仰天の度量を見せ、損して得をとる策はないものか。いやいや、そんな芸当のできる国でなし、だからこれは夢想に過ぎないのである。

※権五ギ(クォン・オギ)の「ギ」は王へんに奇

asahi.com (2005/03/27)


朝日の若宮氏を知っていますか

…韓国の本紙前ソウル支局長裁判、“後ろから投げられた石”



韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉をコラムで傷つけたとして在宅起訴された加藤前支局長は昨年末、ソウル中央地裁から無罪判決を受けました。

その裁判を振り返る記述に次のような下りがあります。。(iRONNA)

証人は、若宮(啓文)朝日新聞元主筆を知っていますか

これは8回目の公判で、弁護側の証人として法廷に立った西日本新聞のソウル支局長に検察側が尋ねた質問なのですが、なぜ無関係の元朝日記者の名前が登場したのでしょうか

実は、この若宮氏、韓国の「東亜日報」という新聞にコラムを連載しており、その中で加藤前支局長のコラムについて起訴直後の2014年10月、「一国の元首に対して何とも失礼」「まるでゴシップ週刊誌の記事」「産経が発行する夕刊紙は『嫌韓』の先頭を走っている」などと嬉々として書いているのです。

若宮氏は朝日新聞の政治部長、論説主幹、主筆などを歴任し、現在は韓国の大学で教鞭も執る「ミスター朝日」のような方です。

検察側の質問の意図は、「日本の一流紙である朝日新聞の一流ジャーナリストでさえ、このように書いているのだから、加藤や産経はやっぱり悪い奴らだ」と印象付けたかったわけですが、弁護側はこれを逆手に取り、「若宮氏は、独島(竹島)を韓国にあげてしまおう、と発言するほど韓国の肩を持つ人だと知られていることは事実ですか」と質問するのです。

この若宮氏をめぐる「法廷論争」の詳細は本書を読んでいただければ、と思いますが、彼は以前に朝日新聞のコラムで、「いっそのこと竹島を譲ってしまったら、と夢想する」と書いた方でもあります。

竹島への「夢想」は勝手ですし、韓国に相当なシンパシーを感じているのはよくわかりますが、今回の事件は、外国人ジャーナリストが言論の自由をめぐる問題で起訴され、出国禁止の憂き目に遭うという前代未聞の出来事だったのです。

韓国の名誉毀損罪の懲役刑は最高7年にも及びます。

加藤前支局長は堂々と無罪を勝ち取ることができましたが、その心労は相当なものだったはずです。

外野」から、それも「同じ日本人ジャーナリスト」がまさか後ろから石を投げていたとは…。こんな方に味方してほしいとは思いませんが、せめて黙っていてほしかったと思います。

本書の読者もあきれていました。

朝日の若宮という人はひどい。そんなに韓国が好きなのか

「この方の言論の自由に対する考えを聞いてみたい」

「若宮氏は韓国に弱みでも握られているのでしょうか」……。

本書では、韓国や朝日新聞が言う「産経は嫌韓の新聞」という中傷についても、完膚なきまでに論破しています。

加藤前支局長は指摘します。

若宮氏のコラムは、私を訴えた韓国の右翼団体の理屈と何ら変わりはありません」。
(産経新聞出版社長、皆川豪志)

産経ニュース 2016.2.21 15:50
関連スレ おーぷん2ちゃんねる


世界遺産の核心 、

これは「強制労働」の要約だと言って間違いない。


元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2015/07/09(木)11:22:00 ID:???

[東京小考]世界遺産の「光と影」を認め合う度量



この月曜日、カナダで行われた女子サッカーのワールドカップ決勝戦に日本中の目が釘付けになったが、米国に思わぬ大敗を喫してがっかりさせられた。

だが、その前夜、ドイツから飛び込んだニュースには日本の各地が沸いた。

韓国との協議が難航し、延長戦に持ち込まれていたユネスコの会議で「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録が決まったからだ。

私もテレビのテロップを見て、思わず「やった」と声を上げた。

いや、私がそれほど世界遺産に思いを寄せていたわけではない。

万一、日韓の溝が埋まらぬまま、この登録が見送られたら、両国関係はいよいよどん底に陥り、日本の嫌韓感情は一気に広がりかねない。

それが怖かったのだ。

さらに、そんな結果に終わったら、今日の私のコラムには書く言葉が見つかるまい。

告白すれば、そんな心配もしていた。

とはいえ、私は最後に妥協できると見ていた。

6月22日の国交正常化50周年にあたってユン・ビョンセ外相が初めて来日し、双方の妥協で打開する合意ができていた。

ソウルと東京で開かれた50周年記念行事には朴槿恵大統領と安倍晋三首相がそれぞれ出席し、久々に友好ムードを演出した。

それなのに、この問題が再び暗転してご破算になったのでは両首脳の面子も丸つぶれとなる。

せっかく明るい兆しが見え始めた関係をぶち壊すリスクは互いによくわかっているはずだと信じていたのだ。

さて、妥協が成立してみると、両国内からは、勝った、いや負けた、だまされた、屈辱だ、などと不協和音も奏でられている。

それはいかがなものだろう。

妥協の核心は、韓国がこだわった「強制労働」(forced labour)という言葉を使わぬ代わりに、日本側が以下の表現を用い、遺産の説明に加えることを表明したところにあった。

……多くの朝鮮出身者などが「その意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた」(brought against their will and forced to work under harsh conditions)。

普通に考えれば、これは「強制労働」の要約だと言って間違いなかろう。


事実、韓国政府は日本が強制労働を認めたと成果をPRし、メディアも歓迎した。

日本の中からは「譲りすぎた」「日本外交の失態だ」と責める声も出た。

一方、日本の外交当局としては「強制労働」という言葉が避けられたことを重視する。

徴用工の補償をめぐる裁判や政治問題に波及するのを防ぎたかったからで、そのためにぎりぎりの表現を探したわけだ。

そこで日本側が改めて「強制労働ではない」と説明すると、今度は韓国側から「話が違う」「外交の失敗だ」などの反発が出る。

だが、こうした応酬を繰り返すのは不毛だろう。

重要なのは、輝かしく見える日本の近代化の影に、朝鮮民族が強いられた悲しい犠牲や貢献もあったということである。

強制労働という言葉は避けながらも、その事実を日本側が認め、世界にも印象づけたのは間違いない。

世界遺産に登録される施設には、炭鉱の島だった長崎県の端島(通称、軍艦島)が含まれている。

廃墟の島として知られるこの名所を、私も船で見に行ったことがある。

ここで過酷な暮らしを強いられた朝鮮の労働者が、命からがら島から泳いで脱出した末、原爆で命を落としてしまう。

そんな悲劇を描いた韓水山氏の小説『軍艦島』(原題「カラス」)を読んだときは胸の裂ける思いがした。


そんな負の面を見ようとしない日本人が多いのは事実だが、韓さんは小説の取材にあたって日本人の大きな協力を得たことや、日本の読者から感動的な投書が寄せられたことを私に話してくれた。

決して日本人が全く無理解なわけではない。

今度の世界遺産登録を機に、近代化の影の部分を知ることが日本には必要だ。

そして、そのためにも韓国には日本近代化の光の部分を評価してもらいたい。せっかくの妥協で問われるのは、互いのそんな度量ではないか。

そうそう、言い忘れていたが、百済歴史遺跡地区の世界遺産登録を、私も心からお祝いしたい。

若宮啓文 日本国際交流センター・シニアフェロー、前朝日新聞主筆


東亜日報 July. 09, 2015 07:23

関連スレ おーぷん2ちゃんねる

8 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/07/09(木)12:11:28 ID:Oun

>ここで過酷な暮らしを強いられた朝鮮の労働者が、命からがら島から泳いで脱出した末、原爆で命を落としてしまう。
そんな悲劇を描いた韓水山氏の小説『軍艦島』(原題「カラス」)を読んだときは胸の裂ける思いがした。


フィクションを事実のように発言するの止めてくれる?


オバマ大統領の広島訪問に韓中日の識者が懸念の声

ニア財団の招きで会談
韓国・李泰鎮氏「歴史問題解決をより難しくする」
中国・時殷弘氏「米大統領の広島訪問は中国を刺激」
日本・若宮啓文氏「望ましいことだが波紋を呼ぶ


売国奴 若宮_convert_20160429133234

米国のバラク・オバマ大統領が来月、広島を訪問する可能性が浮上しているが、これに対し、ニア財団(鄭徳亀〈チョン・ドック〉理事長)の招きにより22日にソウルで会談した韓国・中国・日本の代表的な識者たちは懸念を示した。

オバマ大統領は「非核化」や「平和」についてのメッセージを伝えるため、世界初の原子爆弾の被爆地となった広島への訪問を検討しているというが、これに対し「戦争を起こした国である日本を被害者扱いし、日本の過去の侵略の歴史に免罪符を与えかねない」と懸念する声も出ている。

国史編さん委員長を務めたソウル大学の李泰鎮(イ・テジン)名誉教授は「北東アジアの(歴史)問題が現在もかなり複雑に絡み合い、解決の見通しも不透明な状況の中、オバマ大統領が広島を訪問すれば(歴史問題解決を)さらに難しくしてしまう。歴史問題が解決され、北東アジアの平和共存体制が確立された後、米国の大統領だけでなく各国の首脳が一緒に訪問するというのが妥当だ」と主張した。

中国人民大学国際関係学院の時殷弘教授も「米国の大統領が被爆都市(広島)を訪問するのは、中国を刺激する行為だ。(米日両国は)安全保障をめぐる競争をあおり、アジアの平和を脅かす行為をやめるべきだ」と述べた。

当事者である日本から出席した朝日新聞の若宮啓文・前主筆は「広島は日本の被害ではなく、人類全体の悲劇を象徴する場所であり、米国の大統領が訪問するのは『核廃絶』のメッセージを発信するうえで基本的に望ましい。広島には韓国人被爆者も多かった」と述べた。

ただ「右派の首相が政権の座に就き、米国との防衛協力を増強している時期でもあるので、特に中国や韓国などに波紋を呼ぶのだろう」とも述べ、「その意味でも日本の首相の中国・南京への訪問、天皇の韓国訪問が可能な状況であれば、より望ましい」と述べた。

南京は1937年、日中戦争のさなかに日本軍が大虐殺を行ったとされる都市だ。

北東アジアの歴史問題の解決方法について、李名誉教授は「3カ国の青少年たちが歴史を学び、平和共存を模索する道をつくっていくべきだ」と主張し、若宮氏は「韓国が(朝鮮戦争当時に北朝鮮を支援した)中国に対し寛大な姿勢を見せるのと同じように、日本に対しても寛容な姿勢を見せてほしい」と述べた。

時教授「日本政府が歴史に関する和解に向け努力してこそ、中国の人民たちの心をつかむことが可能だ」と主張した。


李竜洙(イ・ヨンス)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2016/04/23 08:00
関連スレ おーぷん2ちゃんねる

2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/23(土)12:04:56 ID:3d4

要約すると「原爆利権が無くなると困る」




ネットの声

2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/29(金)01:29:47 ID:sO1

逝ったか

3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/29(金)01:31:57 ID:OJO [1/3]

安倍の葬式の前に死んでしまったか……w

4 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/29(金)01:32:08 ID:ltJ [1/2]

>そんな中、小川榮太郎著『約束の日:安倍晋三試論』において政治評論家の三宅久之と、朝日新聞主筆の若宮啓文の対談において以下のようなエピソードが紹介されている。

> 三宅「朝日は安倍というといたずらに叩(たた)くけど、いいところはきちんと認めるような報道はできないものなのか」
> 若宮「できません」
> 三宅「何故(なぜ)だ」
> 若宮「社是だからです」

このエピソードの人だよね?


5 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/29(金)01:34:49 ID:7n7 [1/5]

中国に客死って本望成就じゃん

6 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/29(金)01:34:50 ID:w3i [1/2]

日韓基本条約や日中共同声明を無視し
オバマの広島訪問を利用してまで
反日活動を続けた腐れ外道には地獄すら生ぬるいですね


7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/29(金)01:35:06 ID:jvT [1/2]

用済みか

8 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/29(金)01:35:14 ID:ltJ [2/2]

大嫌いな日本ではなく、中国で死ねたんだから本望だろう
日本人たるもの使者に鞭打つような言動は慎むべきではあるが
この人は餓鬼畜生界へ逝くでしょう
日本の英霊を侮辱し続けたこの人が天国に行けるはずがない


10 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/29(金)01:35:19 ID:kL8

結局謝罪することなく逝ったか

あの世で英霊にどんな顔で会う気だろ


21 名前:なななな、な梨[] 投稿日:2016/04/29(金)01:45:17 ID:hrc [1/2]

逃げる様に日本を出て異国で死ぬ、

最期まで日本に悪態を衝いていたが、

憐れな晩年だね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。