07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞慰安婦誤報取り消しから1年 最後の抵抗試みる 

2015年 08月05日 12:25 (水)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2015/08/04(火)15:13:42 ID:???

朝日新聞慰安婦誤報取り消しから1年

「落城」1年 最後の抵抗試みる

 拓殖大学客員教授・藤岡信勝氏



 朝日新聞は昨年8月、吉田清治の虚言に始まる昭和57年以来の慰安婦報道のうち多数の記事を取り消した。

 この「朝日落城」から5日で一周年。その後の朝日はどうなったか。

 8月以降、当然ながらマスコミでは激しい朝日批判が起こり、さすがの朝日も低姿勢を取った。

 社長が交代し、12月には第三者委員会の報告書が出て、社内改革が提言された。

 これを「反省期」と呼んでおこう。

 この時期には、報道面では若干の路線修正の痕跡が見られた。

 系統的ではないが、時折自衛隊についての肯定的な報道が現れた。

 キャンペーン報道は姿を消した。

 ところが一方、朝日は慰安婦問題に系統的に取り組むチームをつくった。

 しかも、朝日の援軍が外からやってきた。

 アメリカの学者187人が、5月5日、慰安婦問題をテーマにして(戦後70年の)安倍談話に圧力をかける声明を発表したのだ。

 アメリカの学者たちは本当は、ある全国紙に独占的に掲載させようとしたのだが断られたといわれている。

 朝日はこの声明に飛びつき、数度にわたって特集でとりあげた。

 この時期を「自信回復期」と呼んでおこう。

 その次に来るのが「全面復活期」である。

 これは安保法制の国会審議が本格化するころから始まった。

 与党の不手際につけ込み、居丈高に政権をこき下ろし、やりたい放題のキャンペーン報道を展開している。

 いつの間にか、落城前の朝日が全面復活していたのである。


 だが、大局を見誤ってはならない。

 これだけの偏向報道の嵐の中でも内閣支持率が約40%もある。

 自民党支持率も高い。

 朝日新聞は最後の抵抗を試みて、なりふり構わない醜態をさらしていると見るべきだ。

 いずれにせよ、朝日が特権的な権威を誇った時代は永久に去ったことだけは間違いない。


産経ニュース 2015.8.4 14:17更新


関連スレ

【朝日新聞慰安婦誤報取り消し1年】元朝日記者・植村隆氏に産経がインタビュー 「テープ聞いたの一度だけで記事書いた」 [H27/8/4]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438646303/

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2015/08/04(火)08:58:23 ID:???

朝日新聞慰安婦誤報取り消しから1年

元朝日記者・植村隆氏にインタビュー 

テープ聞いたの一度だけで記事書いた


植村隆

 朝日新聞が自社の慰安婦報道に関する記事の一部の誤報を認め、関連記事を取り消してから5日で1年となる。

 初期の朝日の慰安婦報道に関わった植村隆元記者(北星学園大非常勤講師)が、初めて産経新聞のインタビューに応じた。

 朝日新聞は昨年8月5日付の特集記事で、「韓国女性を強制連行して慰安婦にした」と証言した唯一の日本側証人、自称・元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏の証言を虚偽だと判断し、関連記事16本を取り消した(後に2本追加)。

 国家総動員法に基づき工場などで働いた「女子挺身隊」と「慰安婦」を混同した報道を繰り返したことも認めた。

 だが、謝罪はしなかった。

 特集記事は、元韓国人慰安婦の女性について「女子挺身隊の名で戦場に連行」と事実と異なる報道をした元朝日新聞記者、植村隆氏の記事については、「意図的な事実のねじ曲げなどはありません」と結論付けた。

 こうした姿勢に、朝日が設置した第三者委員会(中込秀樹委員長)も、昨年12月公表の報告書で朝日の検証記事について「自己弁護の姿勢が目立ち、謙虚な反省の態度も示されず、何を言わんとするのか分かりにくい」と厳しく批判した。

 この朝日新聞の第三者委による報告書も、批判の対象となった。

 朝日の慰安婦報道を独自検証した「独立検証委員会」(中西輝政委員長)は今年2月、朝日の第三者委報告書についてこう問題点を突いた。

 「国際社会に与えた影響を分析する部分では見解をまとめられず不十分」

 その上で独立検証委は、平成3~4年の吉田虚偽証言、女子挺身隊の誤用、あやふやな元慰安婦証言、20万人強制連行説を広めた軍関与を示す文書発見と続く一連の朝日報道を次のように結論づけた。

 「数々の虚偽報道を行い、結果として、『日本軍が女子挺身隊の名で朝鮮人女性を慰安婦にするために強制連行した』という事実無根のプロパガンダを内外に拡散した

 朝日が、宮沢喜一首相(当時)の訪韓直前の4年1月11日朝刊1面トップで「慰安所 軍関与示す資料」の見出しで掲載した記事は、朝日の第三者委も「慰安婦問題が政治課題となるよう企図して記事としたことは明らか」と分析。

 独立検証委は、「韓国紙が慰安婦問題を集中的に取り上げるのは、4年1月からだ」と指摘した。

 独立検証委の副委員長を務めた西岡力・東京基督教大教授はこう断言する。

 「虚偽の加害者(吉田氏)証言に加えて、虚偽の被害者証言も書き立てた。それによって『女子挺身隊として強制連行』という虚構が作り上げられ、国際社会に広まった。その責任を朝日が認め、検証しない限り、反省したとは到底言えない

 7月30日に産経新聞のインタビューに応じた元朝日記者、植村隆氏は3年8月11日付朝日朝刊社会面(大阪本社版)で、元韓国人慰安婦だと初めて名乗り出た金学順氏(記事では匿名)の証言を署名入りで韓国メディアに先んじて報じた。

photo10.jpg

 昨年春に退社し、札幌市の北星学園大学の非常勤講師を務めるが、記事をめぐって、大学や家族らへの脅迫が続いたため今年1月、過去に記事を批判してきた西岡氏らを名誉毀損で訴えた。

事実は本人が女子挺身隊の名で連行されたのではないのに、『女子挺身隊』と『連行』という言葉の持つ一般的なイメージから、強制的に連行されたという印象を与える」「安易かつ不用意な記載であり、読者の誤解を招く

 3年8月11日の植村氏の記事について、朝日の第三者委報告書はこう断じた。

 植村氏は記事で「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた『朝鮮人従軍慰安婦』」のうちの一人だと金氏を紹介した。

 産経新聞の取材に対し、植村氏はこの記事は韓国挺身隊問題対策協議会で一度だけ聞かせてもらったテープをもとに同会から背景説明などを受けて書いたと説明。

 テープについて「僕は持っていない」と語った。


 テープを聞いた時点では、女性の名前は知らされなかったという。

 「女子挺身隊」という言葉が出てきたかどうかに関しては「定かじゃない」と答えた。

 だが、記事が出た直後、金氏の経歴をめぐる異なる事実関係が明らかになる。

 金氏は3日後の14日に実名を明かしてソウルで記者会見を開いた。

 翌15日、韓国紙ハンギョレは「母親によって14歳の時に平壌のキーセン(妓生)の検番に売られ、検番の養父に連れられていった」と報じた。

 金氏らが12月に東京地裁に起こした賠償訴訟の訴状も、金氏の経歴に関し「養父に連れられて中国へ渡った」とあり、「挺身隊の名で連行された」と記載していない。


 朝日新聞は昨年8月の検証記事で、金氏が挺身隊の名で連行されたかどうかについては見解を示さなかった。

 その後、「この女性が挺身隊の名で戦場に連行された事実はありません」との「おことわり」をデータベース上に追記。

 事実上、誤報を認めた。

 植村氏は第三者委の指摘について「強制的に連行されたような印象を与えるということだが、印象ではなく『強制連行』(という表現)で伝えているメディアがあることにも触れてほしかった」と語った。

 「植村が捏造記者じゃないことが報告書からも分かる。そこを強調したい」とした。

 朝日の第三者委報告書は同じ3年中、植村氏が金氏について書いたもう一つの署名記事も取り上げた。

 12月25日付朝日新聞大阪本社版の「日本政府を提訴した元従軍慰安婦・金学順さん」の記事だ。

kenichi-takagi.jpg

 この記事は1カ月前の11月25日、植村氏が高木健一弁護士らによる金氏へのヒアリングに同行した際に録音したテープを基に書いたものだが、金氏が12月6日に起こした賠償訴訟の訴状にも記載されたキーセン歴が書かれていなかった。

 独立検証委は「金さんが、吉田清治が主張していた女子挺身隊の名で強制連行された被害者であるかのような錯覚を作り出すのに、大きな役割を果たした」との見解を示す。

yoshida.jpg

 また、植村氏の韓国人の義母は当時、金氏らを原告とする賠償訴訟を支援した太平洋戦争犠牲者遺族会の幹部だった。

梁順任_convert_20140901113912

 植村氏は「結婚する前からずっと、この問題を取材してきた。別に家族のために書いたわけじゃない」と述べた。


産経ニュース 2015.8.3 18:26更新


慰安婦関連BKD一覧

慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士

無題

福島瑞穂 慰安婦問題を流布し続けた30年間の“反日履歴”
アサ芸+ 2014年9月2日 9:56 AM

梁順任_convert_20140901115330



「従軍慰安婦=性奴隷」説を世界中に広めた戸塚悦朗弁護士

戸塚悦朗


捏造された慰安婦問題拡散のきっかけの1つが朝日新聞大誤報

植村隆


必見関連サイト

吉見義明が主張する強制連行の証拠とされた公文章

520952.jpg

従軍慰安婦の真相様より引用

kanyo_convert_20121022132218.jpg

http://resistance333.web.fc2.com/html/kanyo.jpg

以下は分かり易く現代語訳

 件名  『軍の慰安所従業婦等募集について』

副官より、中国北部方面軍、及び、中国中部派遣軍 参謀長宛の通牒案

日中戦争における慰安所設置の為、募集業者が慰安婦を募集する際、“日本軍の名義・権威を利用し、その結果 日本軍の威信を傷つけ、庶民の誤解を招く事例”や“従軍記者、慰問者などを通じて、不統制に募集し、社会問題を惹起する事例”や“慰安婦を募集する業者が相応しくない場合、誘拐に類した方法を使い、警察の検挙・取調べを受ける事例”など注意を要する事例が少なくない。
将来、慰安婦の募集に関しては、派遣軍がこれを統制し、慰安婦募集業者の選定を周到・適切に行い、慰安婦募集に際しては、関係地方の憲兵、警察当局と協力すること。
日本軍の威信保持、また社会問題上、遺漏のないよう十分配慮することを依命、通牒する。

1938年3月4日

資料画像の問題点解説は更に下記のサイトが詳しい。

日本人と韓国人 その似て非なる事


『連繋を密にし』

日本人の貴方はこれをどう読みますか?

「れんけいをみつにし」

「れんけいをひそかにし」




【歴史戦】 元慰安婦が支援団体「挺対協」批判 
産経ニュース 2015.7.3 19:07更新


追加資料







ネットの声

4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/08/04(火)16:41:54 ID:dsQ

腐れ外道、

国賊朝日新聞


5 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/08/04(火)16:49:33 ID:iTF [1/2]

なお反省は皆無のもよう

【産経8月4日】朝日慰安婦誤報取り消し1年 植村隆・元記者インタビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000062-san-pol


植村語録

「慰安婦問題のすべてが間違っていたかといえば僕は全然違うと思う。お伺いしたいが、朝日新聞の報道のどこが問題だと」

「侵略戦争がありアジアに多大な被害を与えたというところは世界の共通認識じゃないですか」

「で、慰安婦がたくさん証言して被害があるということも認める?」

「朝日新聞のおかげで何か日本がおとしめられたという具体的な証拠があったら教えてほしい」


7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/08/04(火)16:53:20 ID:zpd

まあ、ここまで細かく考察しなくても今の朝日の記事見てれば全く反省してないのは明らかだけどな。

13 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/08/04(火)17:33:39 ID:ngA

思想信条で真実を創造する人たちだからな

14 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/08/04(火)17:46:48 ID:Orh

出城の一つが外濠を埋められたに過ぎない。

本丸まではまだまだ。


植村隆_convert_20150110082358



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。