07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】韓国MERS隔離者数、1万人にまで増える可能性[06/15]

2015年 06月15日 19:45 (月)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆E2FCewEIt.[] 投稿日:2015/06/15(月)12:55:09 ID:nB1

中東呼吸器症候群(MERS)隔離者、

1万人にまで増える可能性


ソース:NAVER/韓国経済(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=015&aid=0003357126


関連記事

MERS釜山で初の死者、

韓国内で感染者145人に拡大


無題_convert_20150615184532

 MERSの感染拡大が続く韓国で、ソウルに続く第2の都市・釜山(プサン)で初めての死者が出ました。

 韓国の保健福祉省によりますと、死亡したのは釜山の病院で治療を受けていた62歳の男性です。

 これまで感染者が集中していたソウルから400キロ以上離れた南部の釜山で死者が出たのは初めてで、韓国政府には緊張が走っています。

無題_convert_20150615185254

 MERSの感染者は、14日、新たに7人増え145人となっています。

 死者は、釜山の男性を含めて15人となっています。


無題2_convert_20150615185409

 一方、これまで多くの院内感染者を出しているソウルのサムスンソウル病院では、37歳の男性医師が感染していたことも新たにわかりました。

無題3_convert_20150615185536

 この医師は先月27日に感染者と接触した後、そのまま隔離されずに今月10日まで勤務を続けていたということで、新たな感染の拡大が懸念されています。


TBS系(JNN) 2015年6月14日(日)21時13分配信


情報公開遅れ、WHOが指摘 合同調査団「流行は大規模、感染者増も」:4次感染者も
産経ニュース 2015.6.13 13:35

4次感染した男性は救急車の運転手で、院内感染した患者を搬送していた。

関連スレ おーぷん2ちゃんねる

3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/06/14(日)08:17:30 ID:bg0 [1/5]

モラルはどこに…発熱の患者搬送係勤務で大規模拡大の恐れ 韓国の病院
2015.6.13 22:36
http://news.livedoor.com/article/detail/10228029/

 韓国の中東呼吸器症候群(MERS)感染問題で、韓国保健福祉省が13日に発表した感染者の中に、60人以上の院内感染者を出したソウルのサムスンソウル病院に勤務する患者搬送係の男性(55)が含まれていたことが分かった。
.
 男性は発熱などの感染の症状が出た状態で10日まで9日間勤務していた。

 この間に搬送した患者多数が感染したり、同病院内で感染が大規模に広がったりした恐れがあるとして、保健当局は男性の行動を調べ、接触者の確認を急いでいる。


 男性は、同病院での感染の起点となった男性患者(35)と5月下旬に接触していたが、隔離対象者に挙げられていなかった。同病院のチェック態勢とともに、男性の医療従事者としてのモラルが問われそうだ。
 (共同)


サムスンソウル病院、阿鼻叫喚中。


ネットの声

18 名前:ななしの国からこんにちわ[] 投稿日:2015/06/15(月)16:35:32 ID:LgZ [2/2]

もう、病院ぐるみ(患者+職員)の隔離が始まってます。

これがパンデミックでなくてなんですか?

つぎは都市ごと隔離でしょう。

焼き払うしか無くなります。




<MERS>

1000人に接触した釜山の患者…病院を「コホート隔離」

中央日報日本語版 2015年06月15日09時50分

 14日午後、釜山市水営区のチョウンガンアン病院。

 出入り口に「MERS陽性判定で診療中止命令を受けた」という内容の案内文が貼られている。

 この病院は、入院したイさん(31)が中東呼吸器症候群(MERS)の143人目の患者と確認され、この日、患者と医療スタッフが封鎖措置された(コホート隔離)。

 患者200人、医療スタッフ・職員40人など病院に残っていた約240人はひとまず出入りが止められた。

 病院の周辺には警察56人が配置された。

釜山はMERSのため騒がしくなっている。

 釜山市の2人目(全体で143人目)の患者が感染確認前に市民1000人と接触したことが確認されたからだ。

 特にこの患者はMERS患者が出た大田(テジョン)大青病院で勤務していたにもかかわらず、外注会社の派遣職員という理由で隔離観察の対象から除外され、政府のMERS管理に弱点を表した。


釜山市によると、情報技術(IT)企業職員の143人目の患者は先月22-30日まで大田大青病院に派遣されて勤務していた。

 釜山に帰った後、出勤したところ、発熱・下痢の症状があり、2-5日にセンタム病院など3カ所で診療を受けた。

 腸炎と思っていたが、良くならないため、6日にチョンガンアン病院救急室に行き、8日に病院12階の3人部屋に入院した。

 MERS感染は12日に確認された。

 現在、陰圧病床がある東亜(トンア)大病院で隔離治療を受けている。

保健当局はこの病院の11・12階を封鎖し、12階にいた患者20人を11階で1人1室に分散隔離した。

 10階も空けた状態だ。

 病院に残っている医療スタッフと患者・職員240人は症状をチェックし、問題がなければ帰宅後に自宅隔離することにした。

 143人目の患者が先に行ったセンタム・ハンソ病院は正常に運営中だが、外来患者が途切れ、慈恵医院は休業に入った。

 143人目の患者は感染確認まで2週間ほど地下鉄に乗るなど約1000人に接触した。

 接触者のうちまだ感染が疑われる症状が出ている人はいない。

 家族と診療医師・看護師、同じ病室の入院者も陰性だった。

 接触者のうち684人は自宅隔離対象となった。

首都圏では感染経路不明の患者が次々と出ている。

 119人目の患者(35、警察官)は感染経路が五里霧中だ。

 保健当局は当初、52人目の患者(54、女性)と京畿道平沢(ピョンテク)博愛病院の救急室であって感染したと推定した。

 しかし鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理本部病気予防センター長は14日の記者会見で、「2人が時間・空間的に平沢博愛病院で会う可能性が非常に低いと把握された」と述べた。

4次感染者はすでに出ている。

 76人目の患者(75、女性、死亡)を移送した民間救急車の運転者と救急要員だ。

 感染段階で見ると明らかな4次感染ではあるが、地域社会感染ではない。

 救急車の中または患者の移送過程で感染したのは明らかだ。

 地域社会感染は冬季インフルエンザが広まるようにどこでどのように誰から感染したか分からない状況をいう。

 このように病院やその周辺ではなく生活の中でMERSが移っていく段階ではまだないと、保健当局は判断している。

◆コホート隔離=病院で感染病患者が発生した場合、追加感染を防ぐために病棟の全体や一部の病室を医療スタッフ、入院患者とともに封鎖することをいう。


もうだめぽw



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。