05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財務省に敗北感濃く 財政健全化 巻き返し狙う

2014年 11月19日 14:11 (水)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2014/11/19(水)00:21:14 ID:???

 安倍晋三首相が消費税再増税の延期を正式に表明したことで、来年10月の消費税10%への引き上げを目指してきた財務省の“敗北”が確定した。

 ただ、1千兆円という世界最悪の債務残高を抱える日本が、財政健全化の手綱を緩めることは許されない状況は変わらない。

 財務省は平成32年度の財政健全化目標に照準を合わせ、消費税10%超への引き上げをも見据え始めた。

 「完敗だ…」。

 今月中旬、ある財務省幹部は大きく肩を落とした。

 12日、産経新聞が「消費再増税1年半延期」と報じて以降、各紙も相次いで再増税延期を報道。

 財務省が総力戦で目指してきた再増税の可能性は大きくしぼんだ。

 財務省は官邸に対し、再増税を延期すれば、安倍政権の看板政策である子育て支援策が不可能になると再三、訴えてきた。

 同省幹部が自民党の若手議員や大学教授はおろか、雑誌編集者など財政に“門外漢”の人にも財政健全化と消費税再増税の必要性を説いて回った結果、再増税実現に大きな手応えを感じていた。

 さらに10月31日、日銀が同日追加緩和を決め、日経平均株価は大きく跳ね上がった。

 黒田東(はる)彦(ひこ)総裁は元財務官で、再増税による財政再建の重要性を力説してきた経緯がある。

 「市場は再増税を評価している。安倍首相も無視はできない」(幹部)。

 財務省内には楽観ムードすら漂っていた。

 しかし、結論は全く逆だった。

 ある幹部は「戦略ミスだった」とこぼす。

 経済情勢次第で増税を停止できる「景気条項」の撤廃を勝ち取ったのが唯一の収穫で、敗北感は濃い。

 ただ、再増税は延期されたが、財政の立て直しには消費税の再増税は避けられない。

 消費税率を10%に引き上げても、32年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)は11兆円の赤字が残る。

 この赤字を消費税で穴埋めするには、さらに4%程度の引き上げが必要になる計算だ。

 財務相の諮問機関である財政制度等審議会は今年5月、来年夏までに今後5年間の財政健全化の具体的な工程を示すよう求めている。

 財務省幹部は「次の勝負はここだ」と話し、財政健全化目標を“錦の御旗”に、消費税再増税へのリベンジを果たそうとしている。
 (小川真由美)

産経ニュース 2014.11.18 21:43



参考資料

「財務省の奴ら!」

安倍総理がいらだちを表す財務官僚のやり口


〈週刊新潮〉



 11月9日読売新聞朝刊で降って湧いた解散・総選挙のニュース。

 この“スクープ”とも言い難い報道の裏には渡辺恒雄主筆の意向があったということは弊誌記事「突然の選挙モード 号砲を鳴らしたのはナベツネか?」でお伝えした。

 報道を受け永田町もマスコミも一気に“選挙モード”に突入。

 既に臨戦態勢である。

 上がってくる経済指標はことごとく、増税の先送りを暗示させる。

 しかし増税を先送りすれば、三党合意を破棄したと見なされ、新たに消費税増税法案を作り直して来年度国会で通さなくてはならない。

 そのため、先送りの判断とアベノミクスの成果を掲げ、国民に信を問う、といったところが解散・総選挙が行われると報じる読売の理屈だ。

 だが、何と言っても気になるのは、肝心の安倍総理の胸中である。

 解散権を握り、政治日程を操る安倍総理は、本気で解散という伝家の宝刀を抜くつもりなのだろうか。

 11月9日の午前、安倍総理は羽田空港で、 「解散については全く考えていません」と読売新聞の記事を否定してみせると、そのまま中国に発っている。

 だが、そんな言葉とは裏腹に、 「このまま、なし崩しに増税してしまおうという動きを一番嫌がっているのが安倍総理なんですよ」と明かすのは、官邸関係者だ。

いま、安倍総理を取り巻く官邸の主要メンバーは、菅官房長官を除いて、大半が“増税推進派”になっています。旧大蔵省出身の加藤勝信官房副長官はもちろん、経産省出身の側近秘書官まで増税を容認するようになっているのです。それと言うのも、10%の消費税増税を実現したい財務省が、官邸スタッフや増税反対の議員に対して総力で“切り崩し”に奔走しているからです。これに業を煮やしたのか、11月上旬、総理が突然、“やりたいようにやってるな! 財務省の奴らは”と漏らしたことがありました。乱暴な口ぶりなので皆ギョッとしましたが、それほど総理の身近なところまで財務省の息がかかっているわけです

 一方、これに対抗するため、菅官房長官の肝いりで立ち上げたと言われるのが、増税延期を主張する議員らの「アベノミクスを成功させる会」だ。

 10月22日には本田悦朗内閣官房参与を招いて“増税を1年半遅らせるべし”と気勢を上げたが、会はすぐに切り崩しのターゲットになった。

 当初、45人いたメンバーは1人また1人と財務省に説得され、3分の1まで数を減らしたと言われている。

 メンバーである代議士が言うのだ。

「僕のところには“レクの申し出”という名目で、財務省の課長補佐クラスが数人でやって来ました。“先生、お忙しいところ恐縮です”とあくまで低姿勢です。そして、10センチもあろうかという資料を揃えて、こんこんと増税の意義を説明してくる。“このままでは国債が暴落する危険性があるんです。どうかご理解ください!”と頭を下げてね。一回だけでなく、何度も説得を受けた人もいます。それで根負けしてしまうのです」

 ソフトながらも外堀を埋めて来る財務省のやり方に、安倍総理は苛立ちをあらわにすることもある。

総理は、香川俊介事務次官ら財務省の役人たちがぞろぞろと官邸に説明しにやって来るのを見て、“大名行列みたいだな”と露骨に嫌な顔をすることがあります。また、“怒鳴っても怒っても、奴らはやって来るんだ”と漏らしていたこともある。増税の決定権を搦め捕ろうとする財務官僚に対して、明らかに警戒しているようでした」(先の官邸関係者)

 敵は野党だけでなく、身内の霞が関にもいる。

 解散・総選挙というニュースが飛び出した背景には、こうした官邸内の事情もあったのだ。

「特集 12月21日投開票!? 『安倍総理』出血大博打で誰が笑うか?」より


「週刊新潮」2014年11月20日号


ネットの声

2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/11/19(水)00:26:46 ID:G8gLG0Of0 [1/4]

>経済情勢次第で増税を停止できる「景気条項」の撤廃を勝ち取ったのが唯一の収穫で、敗北感は濃い。

これも財務省が頼んだのか


5 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/11/19(水)04:09:53 ID:PwAEbw599

実社会の状況をみずにこれだもんな

6 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/11/19(水)08:27:10 ID:wq7JgAv4d [1/3]

節電に向けて一斉に走り。成果を上げたように、
国民の性向は贅沢を止めて節約には耐えられるが、
簡単に家計を税沢で解決しようとする財務の性向が気に入らんのよ。

それをやれば赤字だからという名目で、税がどんどん上がる。
家計を預かる賢い主婦とはいえない。


16 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/11/19(水)08:57:01 ID:Qah47H6x6 [5/20]

増税いやで、民主党にしたかもしれないけども野田の増税詐欺士に上げられたし

19 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/11/19(水)09:09:47 ID:qPFhRQh6f [1/11]

(1)財政健全化しか考慮せずはやく消費税の増税をしたい財務省
(2)デフレ解消の道筋をつけてから、消費税増税すべきと考える自民党
(3)財政健全化を考慮せず消費税増税に闇雲に反対する共産党

最も現実的な選択肢を示す(2)に、俺は賛成だ。


27 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/11/19(水)09:28:57 ID:qPFhRQh6f [2/11]

民主党政権の悪夢で、うまい話だけをして国政の難題を放置する無責任政党に政権を任せたら危険と、多くの国民が悟ったことを、俺は信じてる。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。