07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御嶽山の噴火めぐり勝間和代氏に非難、所属事務所が反論

2014年 10月01日 14:02 (水)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2014/09/29(月)16:38:13 ID:???

御嶽山の噴火めぐり勝間和代氏に非難、

所属事務所が反論




 御嶽山の噴火を受け、経済評論家・勝間和代氏が2010年の事業仕分けにおいて「大規模噴火は数千年に1度なのに24時間の監視が必要か」と発言したことが分かり、非難が集まっている。

 所属事務所は28日に「誤解」だとして釈明文を発表。

 しかし、ツイッターなどSNSを中心に、波紋は広がっている。

 御嶽山の噴火は27日午前に発生。山頂付近にいた多くの登山客が巻き込まれ、火山灰に埋もれるなど被害を受けた。

 問題となっている勝間氏の発言は、2010年に開かれた国土交通省対象の事業仕分け「行政事業レビュー」であったもの。



 あるツイッターユーザーが27日、当時朝日新聞に掲載された記事「火山国ニッポン備えはいま 仕分け対象 監視網に穴」を紹介しながら、噴火による被害は「民主党による人災」と批判したことがきっかけとなった。


勝間和代仕分け_convert_20140928095730

http://megalodon.jp/2014-0927-2219-43/p.twpl.jp/show/orig/JxwQX

 記事は、全国の火山に高精度の観測機器を設置する気象庁の整備事業について、勝間氏ら「仕分け人」から厳しい指摘が相次いだと紹介。

 また、「長野県と岐阜県境で79年に有史以来初めて噴火し、91年、07年にも小規模な噴火を繰り返している御岳山(御嶽山)でさえ、観測強化の対象からはずされた」と伝え、仕分けによって観測態勢が低下するのではないかと懸念を示している。

 これを受けて、ネット上で勝間氏への非難が集まったことから、勝間氏の所属事務所は、御嶽山噴火についてのコメントを発表。

「この当時の発言の真意は、『費用削減のためには、火山が噴火して人が死んでもいい』という意味ではもちろんありません」とし、「火山の噴火を人工的に止める手段がない上、いくら精密に監視をしても噴火を100%予測することは不可能である以上、噴火による被害を減らすために、産学連携などで噴火予測により効果的な費用配賦方法があるのではないかという問題提起です。この点をぜひ誤解なきようにお願いいたします」と説明した。

 また、「登山者への噴火被害をゼロにするためには、完璧な噴火予測を追い求めるより、より厳しい入山規制などソフト面での対応こそが重要であると思われます」とし、勝間氏の発言の論点を伝えている。


トピックニュース 2014年9月29日 13時4分

関連リンク

2010年の事業仕分けにおける勝間和代の発言について 
勝間和代所属事務所 2014/09/28



関連資料

大規模噴火は数千年に一度・御嶽山観測強化の対象から外されていた

35 :仕様書無しさん:2011/02/13(日) 18:34:32

バンキシャでやってた。
勝間和代が仕分けしたために日本の火山観測がピンチらしい

勝間和代_convert_20140928100120

勝間「24時間体制で観測する必要があるのですか」 で、観測体制崩壊寸前



関連記事

「御嶽山の観測強化、自民が除外」 枝野氏、仕分け否定
朝日新聞デジタル 2014年9月29日20時37分

22 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/30(火)02:06:01 ID:s4suPEB8d
>>2

これひどい。

火山予算まとめ


・100%予測は無理なんでしょ?
じゃあ火山観測の予算を削減して他に回すわ。
(2010年民主党が仕分け)

・(仕分けで削った予算のなかで)24時間監視は気象庁がしてたから民主党仕分けは問題ない。・・と主張

・観測や予測の予算を出すより厳しく入山規制とかすればいい。・・と主張

予算削減で火山データ検証とか対策が疎かになったかもしれんけど民主党仕分けは関係ない。・・と主張

・(削った予算で)得られたデータではさらに予測不可能だけども民主党仕分けは関係ない 。・・と主張

・麻生政権の08年から09年に、火山観測の一部を文科省から気象庁の管轄優先に移し出してた悪影響出てる。・・と主張


ネットの声

2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)16:42:22 ID:3iQuZkiUY [1/2]

登山は危ないから登らせるのをやめよう
海水浴は危ないから海に入らせるのをやめよう

費用対効果を追求し、娯楽を全て排除しよう ← 究極はこれ?


5 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/09/29(月)16:49:15 ID:nwbSczSl4

まさに「2番目じゃダメなんですか」と同じ発想だな

蓮舫

100%がムリでも、少しでもその精度を上げようって考えがない


7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)16:56:29 ID:lTLXA2vWC

防災を蔑ろにするような政権はいらんわ

朝鮮民主党

8 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/09/29(月)16:57:37 ID:rQry7QXaT

開き直りか

勝間和代_convert_20140928100120

仕分けのときの、傍若無人な勢いはどこに置き忘れてきたのやら・・

11 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)17:20:38 ID:xfaRf5ATO

100%的中は無理だとしても、少しでも的中率を上げようと思わないんですかね。
世界でも有数の活火山を、抱えている県に住む者としては、そう考えて貰いたいですが。


15 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)17:54:49 ID:nZaGmSiNo

適当な意見より正確な情報。

勝間を使うお金があるなら、

観測機器を設置した方がいい。


16 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)17:56:52 ID:qwDRrlad8 [1/2]

いや、予算削らせちゃった時点で何言っても詭弁でしょ

何の為の警戒網なの?
必ずしも当たらないから天気予報やめろってか?


19 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)18:47:49 ID:cvjpGMIzf

無用の用」という言葉を勝間は知らなかったと

22 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)19:10:08 ID:ZhoT2L78m [2/2]

世の中には、0点にすることが100点になる仕事もあるんだよ
マイナスを0にする事が100点になる仕事が


23 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)19:11:21 ID:aCycKDw36

なんで言い訳をしているのか分からないけど、
勝間さんの発言で、予算がカットされたのは事実です。


勝間和代_convert_20140928100120

24 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)19:17:07 ID:VcuCt22kM

悪ふざけが過ぎる。
まさに政治遊びで、経済に限らず被害がいまだに出ている。


枝野 蓮舫 事業仕分け_convert_20141001095500

26 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/29(月)21:20:23 ID:YbauWLe7E

抜本的見直しが事業レビューでの取りまとめ結果だろ。
そして実際に予算カットされてる。
どこにも反論の余地は無いのに。


32 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/30(火)12:28:29 ID:F50JaEZdM
>>1
> いくら精密に監視をしても噴火を100%予測することは不可能である以上、噴火による被害を減らすために、産学連携などで噴火予測により効果的な費用配賦方法があるのではないかという問題提起です。

戯言

観測データを蓄積しなければ、新理論も新技術も生まれない

ニュートンの万有引力の法則も、ケプラーによる天体観測データの膨大な蓄積があってこそ生まれた



参考資料

地震活動の予兆あったが…噴火の記録乏しく予知できず



 御嶽山では噴火の約2週間前に地震活動が活発化したが、気象庁は前兆現象と判断できず、予知できなかった。

 噴火の記録が乏しく観測網も手薄だったためで、経験則に基づく噴火予知の難しさを示した。

 気象庁によると、御嶽山では9月10日ごろに山頂付近で火山性地震が増加し、一時は1日当たり80回を超えた。

 しかし、その後は減少に転じた。

 マグマ活動との関連が指摘される火山性微動は噴火の約10分前に観測されたが、衛星利用測位システム(GPS)や傾斜計のデータに異常はなく、マグマ上昇を示す山体膨張は観測されなかった。

 噴火は地震と比べると予知しやすいとされるが、過去の噴火で観測されたデータに頼る部分が大きい。

 気象庁火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は「今回の噴火は予知の限界」と話す。

 平成12年の有珠山(北海道)の噴火は約1万人が事前に避難し、予知の初の成功例として知られる。

 有珠山では江戸時代以降、地震増加が噴火に直結することが分かっていたからだ。

 だが、このような経験則が成り立つ火山は例外的だ。

 御嶽山は有史以来初となった昭和54年の噴火が起きるまで、噴火の可能性すら認識されず、近年も静穏な状態が続いていた。

 噴火過程の理解など予知の判断材料は十分でなかったという。

 藤井会長は「観測点がもっとあれば分かったかもしれないが、噴火予知は多くの場合、難しいのが現状だ」と話している。


産経ニュース 2014.9.27 21:44(魚拓



33 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/09/30(火)12:44:25 ID:D5eQAIx25
>>32

社会実験のつもりかね。

生命が懸かってるのに。


勝間和代_convert_20140928100120


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。