09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国際法とは相いれない」、中国軍に質問集中 強硬姿勢に強い懸念 アジア安保会議

2014年 06月02日 09:01 (月)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆sRJYpneS5Y[sage] 投稿日:2014/06/01(日)18:28:49 ID:deO3ZPy9q

「国際法とは相いれない」、

中国軍に質問集中 強硬姿勢に強い懸念 

アジア安保会議




 シンガポールで1日開かれたアジア安全保障会議では、各国の有識者らから中国人民解放軍の王冠中副総参謀長に質問が集中し、東・南シナ海で強硬姿勢を強めている中国に対して各国が強い懸念や関心を抱いていることが浮き彫りになった。

 約1時間45分にわたった分科会では王氏とロシアのアントノフ国防次官の2人が演説。

 これを受け質問した19人のうち14人が王氏を指名して、東・南シナ海でのトラブルなどについて見解を問いただした。

 このうちインドの出席者は、中国が南シナ海の大半を自国領と主張して地図上に独自に引いた「九段線」と呼ばれる9本の境界線について「海の上に線を引き自国領と言うのは国際法とは相いれない」と批判した。

 王氏は「南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島や西沙(英語名パラセル)諸島は2千年以上前に中国が発見し管轄下に置いた」などと述べるだけで、法律上の根拠は「時間がない」として示さなかった。
 (共同)

産経ニュース 2014.6.1 16:31


関連記事


安倍首相、南シナ海で実効支配を強める中国を念頭に「強い非難の対象とならざるをえない」と批判!! アジア安保会議講演
朝日新聞デジタル 2014年5月30日22時45分 

第13回アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)安倍内閣総理大臣の基調講演
外務省 平成26年5月30日


関連資料

2012年米国防省「中華人民共和国の軍事および安全保障の進展に関する年次報告」

[PDF] 

人民解放軍の常戦力による対介入能力_convert_20140602085503

図6:通常戦力による対介入能力

 人民解放軍の通常戦力には、現時点で、中国直近の周辺部を大きく越えた場所に位置する標的を攻撃する能力がある。

 海軍の海上兵器および海中兵器の射程は、[この図に]含まれていない。

 それらの中国からの運用距離は、ドクトリンと運用シナリオによって決定されるものと思われる。



ネットの声

2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/06/01(日)19:21:37 ID:fYroLxf5G

二千年前の中国ってどの王朝だよwww

4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/06/01(日)19:30:24 ID:KDydQBLYW

産経の記事で面白いのはこのへん.

> このうちインドの出席者は、(中略)
> 「海の上に線を引き自国領と言うのは国際法とは相いれない」と批判した。

インドGJ.

> 王氏は(中略)法律上の根拠は「時間がない」として示さなかった。

中共逃げた.

なお, インドが問題にしているのは「九段線」てやつ.

九段線_convert_20140602083237
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/ce/9_dotted_line.png/640px-9_dotted_line.png

時事に解説がある(2014.01.10 18:00)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201401/2014011000794&g=soc

> 中国が南シナ海の権益を主張するために地図上に引いた9本の境界線。
> 境界線の内側は南シナ海の全面積の約6割に当たり、フィリピンやベトナムなどが領有権を主張する
> 南沙(英語名スプラトリー)諸島や西沙(同パラセル)諸島なども含まれる。
> フィリピンなどは「合理的根拠がなく、国際法に反している」として九段線を認めていない。

南シナ海で各国が主張する海洋権益がどの程度重複しているかについては,
外務省のページの地図を見るといい.

http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2013/2013/html/nc002000.html

地図そのもののURLはこれ. 米国防省が2010年8月に発表したものとのこと.
http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2013/2013/image/clm02.gif


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。