09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アグネス、ユニセフ協会への中傷に反論

2013年 11月13日 13:45 (水)

 日本ユニセフ協会の大使を務めている歌手のアグネス・チャンが13日、ネット上で流れている協会への中傷に公式ブログで反論した。

 アグネスの下へ、フィリピンで援助活動しているユニセフの代表からのメールが転送されてきた。それによると400万人以上の子どもたちが被災したと見られ、救助活動は悪条件のなか必死に行われているという。

 そんな様子をブログで伝えながら、アグネスは「なのに日本ユニセフ協会について無責任なネットの書き込みがあるそうです。悲しいですね。。。」と嘆いた。

 日本ユニセフ協会は国際連合児童基金(ユニセフ)と協力協定を結び日本で寄付募集、広報・啓蒙活動を行う公益財団法人だが、ネット上では、ユニセフ本部とは別団体であることを理由に批判、非難する書き込みが多い。

 アグネスはそんな書き込みに反論する。

 「日本ユニセフ協会はユニセフの為に日本で募金出来る唯一の団体です。デマに惑わされないでくださいね。今一番大事なのは、子供達の為に私たちもできることを考える事です」

 日本ユニセフ協会は目下、フィリピンの被災者のために緊急募金を募るとともに、ユニセフ本部が既に専門家を派遣、支援物資約60トンが13日中に現地に搬入されることを伝えている。


デイリースポーツ 2013年11月13日(水)11時48分配信


参考資料

日本ユニセフ協会

ユニセフ本部(国際連合児童基金)との関係

 「ユニセフ」という名称を含むが、国際連合児童基金 (ユニセフ) の日本事務所ではない。

 日本ユニセフ協会はユニセフ本部と協力協定を結んでいる団体であり、日本において民間人・民間団体・企業向けにユニセフを代表する唯一の組織である。

 日本における民間協力の窓口として運営されている非政府組織であって、国連機関ではない。

 ユニセフ本部は東京都内に「ユニセフ東京事務所」を設置しているが、この事務所もユニセフ日本支部ではない。



日本ユニセフ協会大使

 日本ユニセフ協会が授与する称号として、「日本ユニセフ協会大使」が存在する 。1998年4月に歌手のアグネス・チャンを、2007年4月には医師の日野原重明を日本ユニセフ協会大使に任命し、広報活動や調査活動を委託している。


「ユニセフ親善大使」との相違点

 なお、黒柳徹子が務める「ユニセフ親善大使」は、ユニセフ(国際連合児童基金)が直接任命している。

 黒柳の場合、ユニセフ東京事務所がその活動をサポートしている。


 黒柳の持つ肩書きは「親善大使」(International Ambassador)で、アグネスや日野原は「国内委員会大使」



寄付金の使途

 日本ユニセフ協会が集めた寄付金等の収入は、専ら協会の活動費として用いられる会費の他は、ユニセフとの協定に基づき、一部(25%以内)をその活動費(人材育成・広報・人件費・光熱水費等)やユニセフ活動の啓蒙費等に当てた後、残額がユニセフに拠出される。

 この方式は他すべてのユニセフ国内委員会で共通の条件であり、特に日本ユニセフ協会に特有のシステムではない。

 日本国内では、日本ユニセフ協会への寄付金は税制上の優遇措置がある。

 2007年度は、日本ユニセフ協会は176億5671万円を集め、その81%をユニセフ本部に拠出した。

 職員数は約40名。

 役員の天下りについては「理事、評議員の中に官庁出身者がおりますが、民間出身で常勤の専務理事を除き、会長以下すべて無給のボランティアとして協力しています。」と説明している。



活動に対する批評

 日本ユニセフ協会が集めた寄付金等の収入は、ユニセフ本部に、その全額が送金されるのではない。

 募金活動の際にその旨明記されていないことが多い点や、その用途が適切かについて議論がある。


以上、ウィキペディアより一部抜粋


追加資料

2011/3/20 13:18 当時

「必要以上の募金、他国への支援に」 日本ユニセフ協会方針に異論も



 東北関東大震災への募金をめぐり、日本ユニセフ協会(東京都港区)の方針が話題となっている。

 同協会は「当緊急支援に必要な資金を上回るご協力」があった場合、「他国での自然災害などによる緊急支援に活用させていただくことがある」とことわっている。

 この情報が断片的にインターネット上で紹介され、「おれの募金はアフリカへ行くのか?」などとちょっとした騒動になっている。


日本ユニセフ協会は、2011年3月16日付で協会サイト内に「東日本大震災(東北関東大震災)への、日本ユニセフ協会ならびにユニセフの対応について」という文書を掲載した。


被災者のための募金がアフリカに

同協会によると、通常行っている募金は、主に開発途上国の支援活動に使われているそうで、国内の緊急支援活動を実施するのは、1959年の伊勢湾台風以来だという。

3月16日の文書では、今回の大震災への募金を受け付ける口座を設置したことを報告し、「こちらでお預かりした募金は、全額、子どもたちを中心とする被災者の方々への支援に活用させていただきます」としている。

この後ただし書きが続き、「なお、当緊急支援に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合(被災者の皆さまへの支援が行き届き、ユニセフと日本ユニセフ協会が提供できる内容の支援が被災地では必要ないと判断される場合)ユニセフが実施する他国・地域での紛争・自然災害などによる緊急・復興支援に活用させていただくことがありますので、ご了承願います」とことわっている。

このただし書き部分が断片的にネット上に伝わり、ツイッターや2ちゃんねる、個人ブログでは、「義援金は全額使わず、アフリカとかに回す」「被災者のための募金がアフリカで使われる」などの反発が相当数出ている。

「『これ以上被災地に必要ない』って誰がどういう基準で判断するんだ?」という疑問の声もある。
「どこが問題なんだ?」の声も

一方で、「(日本ユニセフ協会方針の)どこが問題なんだ?」「嫌ならほかの団体に寄付すればいいだけの話」といった「擁護論」もある。

「(他国支援へ回す可能性は)募金活動開始直後に言うのではなく、状況が少し落ち着いてからにすれば良かったのに」という指摘もあった。

J-CASTニュースは3月20日、日本ユニセフ協会に何度か問い合わせてみたが、連絡が取れなかった。

日本ユニセフ協会は現在、赤松良子・元文部大臣が会長を務めている財団法人だ。

 同協会サイトによると、「ユニセフ(国連児童基金)の趣旨に則り、児童の福祉増進に寄与するため(略)国民による国際協力の実施を促進すること」を目的としている。

 また、「あくまで国内の組織で、国連組織ではない」とも説明している。

 1977年、正式にユニセフの(日本)国内委員会として認められたという。


J-CASTニュース 2011/3/20 13:18



ネットの声

2 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/13(水) 12:01:27.41 ID:cteYCiqI0

でたな妖怪

5 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/13(水) 12:02:19.91 ID:ucJG1z440

中抜きのゴミ

10 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/13(水) 12:02:47.94 ID:5YpvnftF0

>ユニセフ本部とは別団体であることを理由に批判、非難する書き込みが多い。


違う違う 

25%も中抜きしてることを批判してんねんw



78 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/13(水) 12:07:13.67 ID:hrankfZY0
>>10

論点ずらしてるよな

 一万円送ろうとする場合一万全部が届く窓口と7500円になってしまうかも知れない窓口とどちらを選ぶかっていう話

 しかもその7500円も勝手に一部がアフリカに届いちまったり



23 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/13(水) 12:03:51.99 ID:+8cGAwbL0 [1/2]

・ピンハネについては触れません

・ウイグル・チベット問題にも触れません

信用できるわけねーだろ


24 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/13(水) 12:03:53.20 ID:EiTNK7AJ0

別にほかに寄付する所はありますし

何も悪評が多い所に寄付する必要もない





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。