09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国での従軍慰安婦碑設置運動推進派に日系のホンダ下院議員

2013年 11月04日 13:11 (月)

全米各地で韓国系アメリカ人が展開している慰安婦碑設置運動にカリフォルニア州ブエナパーク市議会は碑の設置を却下した。

この決定には、元米海兵隊軍曹のロバート・ワダ朝鮮戦争従軍日系退役軍人会会長の書簡が与えた影響が大きかったという。

だが、皮肉なことに設置運動に積極的な人物も日系人である
とジャーナリストの高濱賛氏がリポートする。

 * * *
 皮肉なことだが、この韓国系の「従軍慰安婦」碑設置運動を左右しているのは、二人の日系アメリカ人だ。

 一人は、「全米各地に次々に設置せよ」と檄を飛ばすマイケル・ホンダ下院議員
(カリフォルニア州第17区、民主党=72)。

 もう一人は元米海兵隊軍曹のロバート・ワダ朝鮮戦争従軍日系退役軍人会会長(83)だ。

 ホンダ議員の祖父母は、熊本県出身の移民。

 ホンダ氏自身は戦時中にコロラド州のアマチ収容所で1歳から5歳までの幼年期を過ごした。

 一方のワダ氏の両親は広島県出身。

 ワダ氏は12歳の時に両親、兄姉8人と一緒にアリゾナ州のポストン収容所に入れられた。

 ともに強制収容所の中で日本を憎んで育った。

 白人から「敵性国民」扱いされた日系人たちは「日本」と距離を置くことでアメリカへの忠誠心を示そうとした。

 収容所から軍隊に入隊する「ゴー・フォア・ブローク(当たって砕けろ)」(欧州戦線で戦った日系442連隊戦闘部隊を指す)の若者たちもいた。

 日系人の対日観は環境、とくに両親の対日観に大きく左右されてきたと言われる。

 すでに物心ついた時期に収容所生活を送っていたワダ氏は、1950年に朝鮮戦争が勃発するや、迷うことなく米海兵隊に志願し、1950年から1952年まで第一海兵師団第一戦車大隊軍曹として朝鮮戦争に従軍した。

 出征の前夜、息子二人を欧州戦線で失っている母親は「最善を尽くしてお国のために戦ってきなさい」と励ましたという。

 日本流に言えば、まさに「武運長久を祈る」だった。

 ワダ氏は幼稚園から高校まで一緒だったメキシコ系の親友を戦場で失った。

 一方、ホンダ氏は軍隊とも戦争とも縁はない。

 大学時代、平和部隊に入隊し、2年間エルサルバドルで過ごす。大学を出ると教職に進み、その後高校の校長を務めた。

 1996年、カリフォルニア州下院議会議員に選出。2001年には連邦下院選に立候補し、当選。

 州下院時代から旧日本軍の戦争犯罪を追及し続けている。

 今や「アジア系連邦議員の実力者」だ。

 オバマ第二期政権では教育長官候補にも挙がった。

「日系アメリカ人(とくに二世)は日本民族の血を受け継いでいるからといって、必ずしも親日とは限らない。民族的に日本人であるがゆえに戦前、戦中、戦後と白人に苛め抜かれた。日本の肩を持っても実生活ではなんの益もないことを嫌と言うほど思い知らされてきた。日本に特別な思いを持つ要因はこの戦争体験にある」(ディクソン・ヤギ神学博士、米南部バプテスト教会退任牧師)

 7月30日、グレンデールで行なわれた「従軍慰安婦」像の除幕式にホンダ氏は欠席したが、ビデオでメッセージを送り、「全米各地にこの慰安婦像を設置しようではないか」と“激励”している。

 ブエナパーク市ではワダ氏らによって阻止されたものの、これでアメリカの流れが変わったとは言えない。

 韓国ロビー団体やホンダ氏は今後も慰安婦碑の設置に積極的に動くだろう。

 ホンダ氏の反日スタンスには選挙区事情が大きく絡んでいる。

 選挙区には中国系、韓国系が多くおり、そのカネと票が必要だ。

 そのため、日本政府や企業による中国人強制労働、南京大虐殺、従軍慰安婦に対する謝罪・補償要求へと突き進む。


 2007年には対日謝罪・補償を求めた「H.R.121」決議案を下院に提出し、可決させた。

 同決議が韓国系の「従軍慰安婦」碑設置運動の「錦の御旗」になっている。

「彼は確信犯的反日主義者。いわば水道の蛇口で、彼をなんとかしなければ、慰安婦像設置は阻止できない」(設置阻止運動を続けている在米邦人の一人、今森貞夫氏)とさえ言われる。 ワダ氏にホンダ氏との違いを聞くと、こう言い放った。

「あの男は政治家。私は一介の市民。それに私は共和党だ。民主党は嫌いだ。彼の言っていること、やってきたことはすべて嫌いだし、反対だね」


●高濱賛(たかはま たとう)1941年東京生まれ。米カリフォルニア大学バークリー校卒。読売新聞社でワシントン特派員、調査研究本部主任研究員(日米関係、安全保障)などを歴任。1999年より米・パシフィック・リサーチ・インスティチュート所長。国際政治関連を中心に執筆活動を行っている。

SAPIO2013年11月号 2013.11.03 16:00


関連記事

韓国系米国人による従軍慰安婦像設置運動で日本の「初勝利」
※SAPIO2013年11月号2013.10.30 16:00




ネットの声

14 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/03(日) 23:13:55.11 ID:r52UYEwo0 [1/4]

マイケル・本田を論破することなんて簡単なのに、

日本はなにをやっているんだか・・。



189 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/04(月) 00:07:49.27 ID:ha6sTf2d0 [1/2]
>>14
下院での決議前後に、日本のテレビ局がインタビューしている動画を見たが、
彼は、”日本政府は、強制連行を河野談話で認めているじゃないか”って言っていたな。

残念だが、”河野談話が根拠だ” と言われると、論破するのは困難、というより、無理じゃないかな。


199 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/04(月) 00:14:15.10 ID:JtvSDHHB0 [2/5]
>>189
産経新聞がスクープしてたよな。



21 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/03(日) 23:14:58.63 ID:6EkuV7Os0

日系アメリカ人というのは、日本人と一緒にされるのを嫌がる。
戦時中の収容所を思い出すんだな。
それが行き過ぎて反日になってしまったホンダは、ちょっと病気なんだろう。



31 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 23:16:43.28 ID:pJYdwB+x0 [2/2]
>>21
いや、この人は日本と関係ないみたいだよ。
この人につながる日本の戸籍も無いし、アメリカでも経歴詐称でいろいろ訴えられてるらしい。



35 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 23:17:22.37 ID:BC39kRsQ0 [1/2]

>オバマ第二期政権では教育長官候補にも挙がった。

候補に挙がっただけでも十分に米民主党の反日・日本軽視
安倍ちゃんがプーチンと親しくなるわけだ


36 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 23:18:15.13 ID:AYlSgNPv0

米国の戦史に組み込まれちゃったからな。
米国はWW2で悪の日本を倒し民主主義にしたってのが通史になってる。
ただ戦後賠償までは支持しないだろう。
真相も知ってるからな。


49 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/03(日) 23:20:40.21 ID:6dbsdPMF0

最近アメリカの国家記録院と古文書保管サイトのAncestry.comが公開した資料によれば、1918年の李承晩元大統領の徴集書類で国籍が日本になっている事が判明した。

ホンダ?朝鮮人じゃないのか


関連資料

【韓国】「私の国籍は日本」~李承晩のアメリカ滞在時の自筆国籍表記に衝撃[10/05]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1380972435/

1 :HONEY MILKφ ★:2013/10/05(土) 20:27:15.72 ID:???(写真)

NISI20131005_0008769363_web_convert_20131104124513.jpg

http://image.newsis.com/2013/10/05/NISI20131005_0008769363_web.jpg

▲ 李承晩の『第一次世界大戦徴集カード』


 初代大統領の李承晩(イ・スンマン)に対する再評価作業が行われている中、アメリカ滞留時代に国籍を日本と表記した文書が公開されて注目を集めている。

最近アメリカの国家記録院と古文書保管サイトのAncestry.comが公開した資料によれば、1918年の李承晩元大統領の徴集書類で国籍が日本になっている事が判明した。

 これに関連してニューヨークの韓国日報では、この書類は『第一次世界大戦徴集カード(U.S. World-War I Draft Registration Cards)』で、李承晩元大統領の『英語名』(Syngman Rhee)、『生まれた年』(1875年)などと一致する連邦文書60件が発見されたと伝えた。

李承晩元大統領が直接筆記体で作成したこのカードには、年齢(44歳)と旧暦誕生日(3月26日)、職業は韓国学校校長(Korean School Principal)、ハワイ在住住所など人的事項が書かれている。

(写真)


NISI20131005_0008769361_web_convert_20131104125549.jpg

http://image.newsis.com/2013/10/05/NISI20131005_0008769361_web.jpg

▲ 李承晩の『第一次世界大戦徴集カード』の裏側


 また、『一番近い親戚』はイ・シム(Shim Rhee)にして関係を『妹(Sister)』に、韓国の住所と一緒に作成して人種は『アジアン(Oriental)』と表記した。

 驚くべき事は、李元大統領が自分の国籍を『日本』(Japan)と記載したという事実だ。

 日本の強制併合で植民地の国民に転落した時点ではあるが、ハワイなどアメリカで外交中心の独立運動を行っていた彼が、個人情報欄に国籍を日本と明記した事は非常に興味深い。

 第一次大戦徴集資源(志願かも?)を把握するために作成された徴集カードは、当時アメリカに住む18~45歳の男性を対象に行った。市民権者はもちろん、アメリカに住む全ての外国人男性を含み、アメリカ全域で約 2400万人がカードに自分の個人情報を収録した。

 現在この徴集カードは『セレクティブサービス(Selective Service)』という名称で満18~25歳の男性を対象にしている。

彼が国籍を日本に表記したのは、植民地民に転落した時点でアジアの列強である日本の国民に個人情報を記録した方が良いと判断した経緯からである。

 しかし翌年に上海臨時政府の大統領に選出されるなど、海外の独立運動の中心にいた彼がアメリカの公文書に『日本人』と明記したのは、皮肉としか言いようがないところである。


ソース:ニューヨーク=NEWSIS(韓国語)
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20131005_0012410664&cID=10104&pID=10100

>>2につづく

2: HONEY MILKφ ★ : 2013/10/05(土) 20:27:33.87 ID:???
>>1のつづき

 一方では、物議の種である彼の『親日指向』によるものだという分析もある。

 露日戦争終盤の1905年8月4日、李承晩はハワイのユン・ビョング牧師と一緒に、セオドア・ルーズベルト大統領に面談している。

 これを巡り、李承晩が高宗密使に派遣されていたという説が定義されたが、当時ニューヨークのヘラルドトリビューンなどアメリカの新聞報道によれば、李承晩とユン・ビョングは、「我々は皇帝の代表者ではなく、“一進会”という団体の代表者である」とし、「皇帝は韓国人の利益を代弁する事ができない」と、大韓帝国と高宗を積極的に否定した。

 1904年結成された一進会は翌年の11月、朝鮮の外交権を日本に渡したウルサ条約(第二次日韓協約=乙巳保護条約)を積極的に賛成するなど、大衆的影響力を持った親日団体に成長した。

(写真)


NISI20131005_0008769360_web_convert_20131104125922.jpg

http://image.newsis.com/2013/10/05/NISI20131005_0008769360_web.jpg

▲ 李承晩の 1933年のニューヨーク入港記録


 ニューヨークのヘラルドトリビューンは、「ロシア人々はずっと敵だったし、我々は日露戦争で日本が勝っていることに喜ぶ」というユン・ビョングの言葉と共に、「日本とロシアの間でこれらは日本を主人に選択する事に躊躇しないと見られる」と伝えている。

 一方、今回発見された古文書に中には、1933年の李元大統領のニューヨーク入港記録もある。

 1933年にヨーロッパを訪問した後、フランスを出航した『レックス号』に乗ってニューヨーク港を通じてアメリカに入国した記録だ。

 この入国書類に書かれた李承晩の職業は『博士、教授(Doctor, Professor)』で、「英語を読んで書けるか?」という質問欄は、『はい(Yes)』となっている。人種は『韓国人(Korean)』、出生地は『韓国(Korea)・ソウル(Soeul)』で作成している。

 他にもフィリピンと日本などを出発してハワイ・ホノルルやカリフォルニア・サンフランシスコなどに到着した多数の入港記録と、陸路を通じてカナダ・ブリティッシュコロンビア州からアメリカに渡った入国記録などが一緒に発見された。


おしまい☆






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。