07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMFに暴かれた韓国の借金地獄! 国、企業、家計まで… 日本は?

2013年 10月28日 14:48 (月)

 韓国財政が危うい。

 国の抱える借金が右肩上がりで増えているうえ、国際通貨基金(IMF)の指針によって“隠れ借金”も暴かれ、1500兆ウォン(約138兆円)と、従来基準の約3倍にまで膨れ上がるというのだ。

 世界一の対外債権国で家計の資産も潤沢な日本と違い、韓国は家計や企業のフトコロも深刻な状況に陥っている。

 韓国の国家債務は2008年のリーマン・ショック後に増加ペースが加速し、2011年に400兆ウォン(約37兆円)を突破、今年も景気対策を実施した影響で500兆ウォンに迫っている。

 そして来年3月以降、借金の額がケタ違いに膨らむことになる。

 というのも、これまでカウントしていなかった国出資の公共機関や地方政府、地方公共機関などの借金も国の借金に含めるためだ。

 こうした“隠れ借金”が表に出た場合の借金額について、中央日報は「事実上、国の負債を意味する公共部門の負債は昨年末基準で1500兆ウォン(約138兆円)に達する」と報じている。

 2012年の韓国の名目国内総生産(GDP)の1兆1295億ドル(約110兆円)を上回る水準だ。


 韓国政府の方針転換の背景にあるのがIMFの存在だ。

 IMFは昨年、公共部門の負債に関する指針を発表した。

 韓国はこれに従って国の負債の範囲を拡大せざるをえなくなった。

 IMFと韓国は深い因縁がある。

 1997年のアジア通貨危機で主要企業が次々と破綻状態となり、韓国政府はIMFに救済を求めた。

 IMFの管理下で、財政再建や金融機関のリストラ、財閥解体など大ナタがふるわれた。

 「IMFは今年、世界銀行とともに、韓国の金融セクター評価プログラムに基づく査察に入り、近く結果が発表される見通しであることも注目されている」(国内シンクタンクのエコノミスト)

 財政問題についていえば、日本も巨額の借金がたびたび取り沙汰される。

 財務省の発表によると、6月末の国債や借入金、政府短期証券の合計残高が1008兆円と、昨年度の名目GDP474兆円の2倍超に達している。

 ただ、日本の場合、負債も多いが資産も多い。

 元大蔵官僚で東北福祉大特任教授の宮本一三氏の試算では、600兆円超の資産を差し引いた実質的な赤字(純債務)は約460兆円だという。

 国の借金額についても「1000兆円は実態より過大で、為替介入に利用される借入金などを除いた正味の借金は500兆~600兆円程度」(宮本氏)とみている。

 日本は対外債権大国でもある。

 日本が保有する海外資産から、外国人が保有する日本の国債や株などの負債を差し引いた対外純資産負債残高で、資産超過額は昨年末時点で296兆円と前年から12%増加、22年連続で世界最大だ。

 また、家計が保有する金融資産残高も1590兆円に達している。


 一方の韓国はかなり事情が異なる。

 韓国銀行のデータでは、対外純資産負債残高は94年以降、負債が超過する状態が続いており、昨年末時点の負債超過額は1030億ドル(約10兆円)に達している。

 家計の負債も深刻だ。

 こちらも増加が止まらず、今年6月末時点で980兆ウォン(約90兆円)にのぼる。

 企業のフトコロも厳しい。

 韓銀の資金循環統計によると、民間非金融法人の6月末時点の金融負債額は2039兆ウォン(約188兆円)。

 対する金融資産額は1814兆ウォンで、負債超過の状況が続いている。


 アジア経済に詳しい企業文化研究所理事長の勝又壽良氏は、「個人の負債が増えているのは、住宅ローンが重しとなっているためだ。企業は産業構造に問題を抱えている。輸出依存度が高いので海外景気に左右されるうえ、中小企業が少ないので製造業も部品を日本や台湾からの輸出に頼っている」と指摘する。

 このところ株式相場が上昇基調にある韓国市場だが、海外からの資金流入が主で、「ひとたび相場環境が変われば、一気に流出してもおかしくない」(中堅証券)

 また、ウォン高という輸出企業にとってありがたくない副作用も生んでいる。韓国経済を取り巻く不透明感は払拭できそうもない。


zakzak 2013.10.25


関連資料

外国人投資家の資金 韓国市場から流出始まる
聯合ニュース 2013-06-21 11:07

韓国輸出入銀行 みずほ銀から5億ドル借り入れ
聯合ニュース 2013/08/21 18:01


参考資料

韓・日議連合同総会決まる…来月30日に東京で
(2013.10.16 民団新聞)


追加資料

みずほ銀行

きょう業務改善計画提出へ




 みずほ銀行は、暴力団員らへの融資を放置し、金融庁に事実と異なる報告をしていた問題について、原因や再発防止策をまとめた業務改善計画を28日、金融庁に提出します。

 そのうえで佐藤康博頭取が記者会見して、塚本隆史会長が辞任し、みずからも役員報酬を6か月間ゼロとするなどの処分を正式に発表することにしています。

 みずほ銀行は、融資先に暴力団員らが含まれていることに気付きながら取引を解消しなかったほか、融資の情報が経営トップに上がっていなかったと金融庁に事実と異なる説明をしていたことが明らかになりました。

 これを受けて28日午前、外部の弁護士でつくる「特別調査委員会」が記者会見をして、信販会社を通じたローンだったため、銀行が暴力団員らと取り引きしているという認識が欠けていたなどとする調査結果を発表します。

 そのあと「みずほ銀行」は、再発防止策をまとめた「業務改善計画」を金融庁に提出したうえで佐藤頭取が記者会見し、社内処分や業務改善計画の内容を発表します。

 この中では、塚本会長が辞任し、佐藤頭取が役員報酬を6か月間ゼロとする。

 さらに法令順守を担当してきた常務と執行役員の2人を更迭するなど、役員42人を減俸などの処分をするほか、すでに退職した元役員12人に過去の報酬の返上などを求めることを正式に発表します。

 また再発防止に向けて、反社会的勢力との取り引きをチェックする専門組織を設けることや、社外取締役を新たに採用することを発表することにしています。


みずほ銀行巡る問題

 みずほ銀行が、信販会社を通じた提携ローンのなかに暴力団員らへの融資が含まれているのを把握したのは、平成22年の12月でした。

 この融資では、事前の審査は信販会社に任されていましたが、銀行の事後的なチェックで問題が発覚したのです。

 それに先立つ平成22年7月には、当時の西堀利頭取が、問題の提携ローンについて、反社会的勢力を判別できるよう審査の強化を検討していたことを示す資料が見つかっており、すでにこの時点で、みずほ銀行の経営トップが提携ローンの審査に甘さがあるという認識を持っていたことが分かっています。

 そのあと、おととし1月には、西堀元頭取は、担当者からの報告によって、提携ローンの中に暴力団員らへの融資が実際に存在することを認識したとしています。

 みずほ銀行では、問題の利用者に対して、これ以上、新規の融資を行わないようにする対策を取りましたが、すでに契約済みの融資を解消する手だては取りませんでした。

 そのあと、おととし2月から去年1月にかけて、「みずほ銀行」と、持ち株会社の「みずほフィナンシャルグループ」では取締役会とコンプライアンス委員会、合わせて8回の会議で、問題の融資の状況が参考資料などの形で報告されていました。

 これらの会議には、塚本隆史会長や佐藤康博頭取を含む数十人の取締役らが出席していましたが、問題の融資について突っ込んだ議論が行われることはなく、結果として問題の融資は解消されませんでした。

 佐藤頭取は今月8日の記者会見で、「私自身、知りうる立場にあった。しかし、この問題について議論された記憶はなく、問題と認識するまでには至らなかった」と釈明しています。

 そして、去年12月。

 みずほ銀行に金融庁の検査が入り、この検査の過程で暴力団員らへの融資が放置されていると指摘されます。

 これについてみずほ銀行の担当者は、金融庁に対して、「これらの融資に関する情報は担当役員レベルにとどまっており、経営トップには知らされていない」と、事実と異なる回答をし、取締役会などで報告されていた資料も提出していませんでした。

 ことしの3月になって、みずほ銀行の佐藤頭取は、金融庁検査の結果報告を受けるなかでこの問題を認識したとしています。

 そしてこの時点になってようやくみずほ銀行は問題の融資の解消に向けた取り組みを始めています。

 先月27日、金融庁は、みずほ銀行に問題の融資に関する責任の所在の明確化や再発防止策の取りまとめを求める業務改善命令を出しました。

 しかし、問題の融資に関する情報が担当役員レベルにとどまっていたという、事実と異なる認定がされたうえ、処分を受けたみずほ銀行は記者会見を行わず、広報担当者による説明のみにとどめました。

 対外的な説明不足など厳しい批判にさらされたみずほ銀行は、1週間後の今月4日、副頭取による記者会見を開きます。

 しかし、ここでもなお、問題の融資は経営トップに知らされていなかったという説明に終始しました。

 それから僅か4日後の今月8日、みずほ銀行の佐藤頭取が初めて記者会見を行い、これまでの説明を一変させます。

 行内の調査の結果、問題の融資は、西堀元頭取が認識していたうえ、そのあと、塚本会長らが出席していた取締役会などに報告されていたことをようやく明らかにしたのです。

 みずほ銀行は外部の弁護士で作る「特別調査委員会」を立ち上げ、原因の究明を図ることを決めました。

 一方、金融庁はみずほ銀行に対し、問題の融資についての情報が経営トップには上がっていなかったという事実と異なる説明が行われた経緯などを詳しく調べて報告するよう命じる「報告徴求命令」を出しました。

 みずほ銀行は、「特別調査委員会」の調査結果を踏まえて再発防止策や社内処分を28日、正式に機関決定し、金融庁に報告するとともに記者会見して内容を公表することにしています。


NHKニュース 2013年10月28日




ネットの声

6 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 15:12:46.32 ID:sEWgJfcJ0

マスゴミの隠蔽がはじまるよー


613 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 17:14:39.28 ID:ldUxRnpp0
>>6
報道しないだけならまだしも、あいつらなにかにつけて日本が援助って言う空気作ろうとするのがうざいわ-。
まず借してる金返してもらってからだろ。

韓国のオリンピックに日本人の税金投入したら許さねー。



21 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 15:15:21.92 ID:l9VviddH0

国連総長の力をもってしても隠蔽出来なかったかw
まあ周知の事実って奴だけどな


54 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/10/27(日) 15:19:33.87 ID:DFT6aRW50

日本はこれに関わらないように国民の監視が必要。

韓国が何をやろうがどうでもいいが、日本国内でこれに関わろうとする輩は徹底的に非難しなければならない。


71 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/10/27(日) 15:21:54.59 ID:yL8AmTAU0 [1/2]

韓国は借金を一箇所に集めないで
市中なんかに撒き散らして広く浅く見せた

IMFから撒かれた砂をかき集められ出来た砂の山を指してこう言った

これはなんだ


87 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 15:23:54.92 ID:wQSocZ9h0 [1/6]

つい先日にGSさんが韓国超推しだったのに早速横槍が入ったか。
IMFさんは本当に空気よまねぇなw

・・・・いや、あるいはもうGSさん逃亡完了したから
また潰して経済的傀儡国家にする線で話が決まったのか?



123 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 15:27:18.23 ID:10+2/wlEP [1/2]
>>87
GSは既にIMFからの情報を知っていたんだよ、だから逃げ遅れから脱出するために俺を助けろ!と犠牲者集めを募集していたんだ。



89 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/10/27(日) 15:24:00.36 ID:J9jvjc8B0 [1/4]

カプサイシン_convert_20131028144257


209 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 15:40:05.24 ID:piAJ2sdv0
>>89

バカやろう!

貧乏神様はなぁ、
粗略に扱えば貧を呼ぶが
丁重にお祭りすれば、
福をもたらしてくださる神様なんだぞ!

貧乏神様の系譜を名乗るとはおこがましいわ!






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。