10月 « 2016年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本に津波到来 福島県で震度5弱

2016年 11月23日 09:09 (水)

22日午前5時59分ごろ、福島県などで震度5弱の地震が発生。

気象庁は、東日本沿岸部に津波警報を発表。

午後0時50分に各地に出していた津波注意報を全て解除した。

福島第2原発では、使用済み燃料プールの冷却装置が一時停止するも、1時間半後に復旧した。


元スレ おーぷん2ちゃんねる

東日本に津波到来

津波発生しやすいタイプ 

海底上下に動く正断層型


無題_convert_20161123082945
震源浅い正断層型 毎日新聞2016年11月22日 11時38分

宮城県や福島県に1メートル前後の津波をもたらした22日の地震は、東日本大震災によって活発化した地震の一つとみられる。

気象庁は、津波が発生しやすいタイプの地震だったとみている。

気象庁は、陸側のプレート(岩板)の内部で発生し、引っ張られる力によってずれる「正断層型」と解析している。

断層が上下方向にずれ、それに応じて海底が上下方向に動いて海水を押し上げるため、津波が発生しやすい。

大震災の地震はプレートの境界で起きたが、それとは異なるタイプだ。

地震の規模を表すマグニチュード(M)は7・4と大きく、震源が浅かったことも津波の発生につながった。

震源が沿岸に近く、津波は減衰する前に陸地に到着したため、比較的大きなものになった。

ただ震源が沖合にあり、陸地の揺れは比較的大きくならなかったとみられる。

大震災は、陸側のプレートが跳ね上がるように動く逆断層型。

M9とエネルギーも桁違いに大きかった。


産経ニュース 2016.11.22 09:53

4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/11/22(火)16:09:18 ID:8zT

漁港で“引き波”津波観測カメラが捉える
http://www.news24.jp/articles/2016/11/22/07347182.html

今回は『引き波』がクローズアップされたな



22日朝、福島県などで震度5弱を観測した地震のあと、茨城県日立市の漁港の津波観測カメラが引き波とみられる現象でバケツなどが海に流されていく様子を捉えていた。

無題_convert_20161123085133
(日立市の川尻港で午前7時頃に撮影された映像)

漁港内に海水が押し寄せたあと、引き波とみられる現象でバケツなどがゆっくりと海に流されていく様子がわかる。

日立市の消防本部によると、この川尻港では止まっていたトラックや乗用車、バイクなど計12台が岸壁を越えた海水につかったということだが、当時いずれの車両にも人は乗っておらずケガ人はいなかったという。



続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。