04月 « 2015年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翁長氏「沖縄、平和の緩衝地帯に」 ハワイで講演

2015年 05月30日 14:13 (土)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2015/05/29(金)23:01:23 ID:???

翁長氏「沖縄、平和の緩衝地帯に」 ハワイで講演



 訪米中の翁長雄志・沖縄県知事は28日(日本時間29日)、ハワイ州のハワイ沖縄センターで、沖縄にルーツを持つ住民らを前に講演した。

 過重な基地負担を挙げ、「沖縄の誇りや尊厳を子や孫に伝え、平和の緩衝地帯でありたい」と語りかけた。

 県によると、1899~1940年、約2万人の移民が沖縄からハワイに渡った。

 現在、沖縄系の住民は約5万人いるという。

 この日は「ハワイ沖縄連合会」のメンバーら約200人が講演を聞いた。

 翁長氏は、太平洋戦争末期の沖縄戦でハワイの日系人部隊が投降を呼びかけて多くの県民が救われたことや、終戦直後に沖縄系移民が沖縄に豚を送ったエピソードなどを紹介。

 「移民のみなさんの精神でいま沖縄は大きく羽ばたこうとしている」と語った。

 翁長氏はその上で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画に触れ、「日本国民全体で安全保障は考え、負担してもらいたい。辺野古に基地ができて、これからも(基地負担が)続くとなると、沖縄は日本にとって何なんだろうという疑問が強くなる」と訴えた。
 (ホノルル=泗水康信)

朝日新聞デジタル 2015年5月29日21時14分


関連記事

名護市長「沖縄の現状は植民地」 

米で市民団体に説明




 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画をめぐり、同市の稲嶺進市長は30日(日本時間31日)、米ワシントンで市民団体と意見交換会を開いた。

 移設反対を訴えるため訪米中の翁長雄志知事に同行している稲嶺氏は、移設作業が続く沖縄の現状について「植民地と言っても過言ではない」と市民団体側に説明した。

 稲嶺氏や、那覇市の城間幹子市長らが会ったのは、米国内で反戦や女性の権利を訴える複数の市民団体のメンバーら約10人。

 稲嶺氏は戦後70年たっても全国の米軍専用施設の74%が沖縄に集中していると説明し、「どこの国でもこれだけ差別的な扱いはないと思う」と語った。

 また、辺野古の米軍基地前や海上で移設反対派と県警、第11管区海上保安本部が衝突している写真を紹介し、「県民同士を対立させ、分断させるのは植民地政策の常套(じょうとう)手段だ」と日米両政府を批判した。


朝日新聞デジタル ワシントン=泗水康信 2015年5月31日19時45分
関連スレ おーぷん2ちゃんねる


移設は政府が決めること…沖縄知事にハワイ知事



 【ホノルル=坂田元司】

 沖縄県の翁長雄志おながたけし知事は29日(日本時間30日)、ハワイ州ホノルル市で、デービッド・イゲ州知事と会談した。

 翁長知事は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対を訴えたが、イゲ州知事は「日米両政府が決めること」と述べるにとどまったという。

 イゲ州知事は在日米軍再編計画に基づく在沖縄海兵隊約2700人の受け入れについては、「積極的に受け入れたい」と述べたという。


読売新聞 2015年05月30日 10時33分
関連スレ おーぷん2ちゃんねる



【産経抄】

中国に文句を言わない沖縄県知事 [05/23]



 気の合う相手と話が弾めば、あっという間に時間は過ぎる。

 それでも10分もあれば、伝えたい事柄は要点だけでも十分に話せる。

 沖縄県の翁長雄志知事は先月、河野洋平元衆院議長らと中国の李克強首相と会談したが、尖閣諸島問題は触れずじまいだった。

  • 日本記者クラブで質問された知事は、「私の持ち時間は10分。経済交流などの話だけで終わった」と釈明した。
    尖閣より中国福建省との定期航空便開設の方が重要だとお考えなのだろう。

  • 知事は、米軍普天間飛行場の辺野古移設に断固反対している。
    来週には訪米して議会関係者らに在日米軍基地が集中する沖縄の現状を訴える。

    沖縄本島住民の生命・財産を守るため米国まで出かける知事の熱意には恐れ入る。

  • なのに、尖閣沖を漁場にしている石垣島の漁師らが中国船に蹴散らされ、危険な目に遭わされても中国の偉い人に文句一つ言わないのはなぜか。
    自民党沖縄県連幹事長も務めた知事が、安倍、オバマのご両人よりも隣国の習さんに親近感を抱いている、ようにもみえるのはどうしたことか。

  • 習さんは優しい良き隣人ではない。
    尖閣にちょっかいを出し、中国本土から遠く離れた南シナ海で広大な人工島をつくり、軍事的野心をむき出しにしている。
    核拡散防止条約(NPT)再検討会議の最終文書案から被爆地である「広島・長崎」の名を削除させたのも習さんである。
    被爆者の心を踏みにじり、あからさまに日本を挑発した。

  • 「尖閣でいざこざは起こしてもらいたくない」と知事が本気で願っているのならば、抑止力強化のため辺野古移設をぜひ受け入れてもらいたい。

    むろん、あとの46都道府県も沖縄の苦労を引き受けねばならない。

    70年前の悲劇を繰り返さないためにも。


産経ニュース: 2015.5.23 05:05
関連スレ おーぷん2ちゃんねる


続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。