08月 « 2014年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社民党元党首 土井たか子氏死去

2014年 09月29日 15:57 (月)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:こたつねこ◆AtPO2jsfUI[] 投稿日:2014/09/28(日)10:57:13 ID:0UFlF4qvS

 女性として初めて衆議院議長を務めた、社民党の元党首の土井たか子氏が死去しました。

 85歳でした。

 土井氏は昭和3年、神戸市に生まれ、大学で憲法学の講師を務めた後、昭和44年の衆議院選挙に旧兵庫2区で旧社会党から立候補して初当選し、連続12回当選しました。

 この間、土井氏は昭和61年に旧社会党の委員長に就任し、平成元年の参議院選挙では、「ダメなものはダメ」という言葉で「反消費税」を掲げ「マドンナ旋風」「おたかさんブーム」を巻き起こし、自民党を過半数割れに追い込みました。

 このときの与野党逆転について土井氏は「山が動いた」という名文句を残しました。

 翌平成2年の衆議院選挙でも「土井ブーム」は続き、旧社会党は議席を大幅に増やしましたが、続く平成3年の統一地方選挙で惨敗した責任をとって、土井氏は党の委員長を辞任しました。

 また平成5年に非自民連立政権の細川内閣が発足すると、女性としては憲政史上初の衆議院議長に就任し、議員の名前に従来の「君」ではなく「さん」をつけて呼ぶなど話題を集めました。

 その後、旧社会党は、自民党、新党さきがけの3党による連立政権を発足させ、平成8年には党名を社民党に変え、土井氏は村山富市元総理大臣のあとを受け、社民党の党首に就任します。

 平成10年に自民党との連立政権を離脱したあとは、護憲や政治倫理の確立など党の主張を前面に打ち出して党勢の回復に努めました。

 しかし、こうしたさなか秘書給与をめぐる詐欺事件で秘書が逮捕されます。

 そして平成15年の衆議院選挙で、社民党が大幅に議席を減らした責任をとり、党首を辞任しました。

 平成17年の、いわゆる「郵政解散」に伴う衆議院選挙では、比例代表近畿ブロックで立候補しましたが議席を得ることができず、政界の一線から退きました。

 土井氏は病気で療養していましたが、今月20日、亡くなりました。

 85歳でした。


(以下略)

NHKニュース 2014年9月28日 20時26分


参考資料

逮捕状が出た北朝鮮女工作員があの人に似てるということでネットが大騒ぎに・・

kim_doi.jpg

関連スレはこちらのサイトで




土井前社民党首の名誉毀損訴訟:「WiLL」に勝訴

--神戸地裁支部判決




 月刊誌「WiLL」の記事で名誉を傷つけられたとして土井たか子・前社民党党首が発行元のワック(東京都千代田区)や花田紀凱編集長らに慰謝料1000万円と新聞への謝罪広告掲載を求めた訴訟で、神戸地裁尼崎支部(竹中邦夫裁判長)は13日、同社や花田編集長らに慰謝料200万円を支払うよう命じる判決を出した。

 判決によると、同誌は06年5月号の記事中「土井氏は知る人ぞ知ることではあるが、本名『李高順』、半島出身とされる」「このことが土井氏の拉致事件を見る目を曇らせたのか」などと記載した。

 判決は記事について、「明らかに虚偽で原告の名誉感情、人格的利益を侵害する」とした。

 花田編集長は「判決を読んでから対応を検討したい」と話している。
 【幸長由子】

毎日新聞 2008年11月14日 東京朝刊 (魚拓




北朝鮮拉致事件
曽我さん拉致、「土台人」ネット活用か 
組織的に工作員手助け… 地元に土地勘のある人間…

産経ニュース 2012.7.14 22:36

45 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/07/08(金) 13:19:30.27 ID:A3hzF3fu0 [1/12]
日本人を誘拐したと自白した北朝鮮スパイ=シンガンスを必死で逃がした国会議員たち128名

http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html

土井たか子 菅直人 田英夫 江田五月 千葉景子 村山富一・・・・

sin-syomei2_convert_20140929132658.jpg

安倍 拉致に関わっていたスパイこれを釈放しろといったのは菅さんですからね

     ・・・・ごちゃごちゃ・・・

菅  私は田(英夫)さんからの電波だったので迷わず受信しました




殺人を肯定する 民主党・社民党の前身=日本社会党国会議員

●田英夫【発言当時社会党参議院議員】 「赤軍派を非難する声があるが・・
正義のための殺人もあれば暗殺もある。・・全ては歴史が審判する。」

●横山敦男【社会党山口県本部書記長】 「国家権力、警察権力の暴力と闘うには、・・
それに見合うわれわれの防衛的な角材も必要である・・」


1974年8月30日 三菱重工爆破事件 8名が死亡、385人が重軽傷。
1974年10月14日 三井物産爆破事件 17人が重軽傷。
1974年11月25日 帝人中央研究所爆破事件
1974年12月10日 大成建設爆破事件 9人が重軽傷。
1975年2月28日 間組本社ビルと同社大宮工場爆破事件 5人が負傷。
・・・・・・
・・橋本内閣時代の菅厚相は、自社さ連立政権のさきがけ党員として入閣した。
 さきがけを去り、民主党の党代表となっても厚相を辞任しなかった。

 もう一人の党代表である鳩山由紀夫氏は、「民主党は野党だ」と言い続けていたという。

 つい最近の、菅首相に辞任を迫る鳩山前首相とのやりとりは、その再来である。
 権力の魔力にとりつかれた政治家(菅直人)の、あさましき醜態なのだ。・・

 菅厚相はその年(平成8年)の10月下旬、東京医科歯科大学で講演し、「東大医学部が発端となった『安田講堂事件』を引き合いに、『あの時もっと壊しておけばよかったかも』と過激な発言」を繰り返した。



追加資料

辻元清美秘書給与流用事件



 辻元清美 秘書給与流用事件(つじもときよみひしょきゅうよりゅうようじけん)は、2002年(平成14年)に発覚した、社会民主党(社民党)国会議員やその秘書らによる議員秘書給与詐欺事件である。

 辻元清美ら4名が逮捕され、後に全員が有罪判決を受けた。

 1996年10月の衆院選で当選した辻元が資金不足のため政策秘書を採用できないことを知った土井たか子社民党党首の五島昌子政策秘書は、面識のあった元秘書Bに名義貸しを依頼し内諾を得る。

 その後五島から話を持ちかけられた辻元は躊躇ったものの受け入れ、自身の秘書Aとともに元秘書に依頼し承諾を得る。

 2003年6月に警視庁が辻元本人や元秘書らを事情聴取。

 2003年7月18日、辻元本人と初代政策秘書、元公設秘書、名義借り指南役とされる土井たか子党首の元政策秘書ら4名が秘書給与詐欺容疑で逮捕された。

 この逮捕に関しては、疑惑発覚から1年4ヶ月が経過しており総選挙が近いといわれる時期だったことから、何らかの政治的思惑が絡んでいるのではないかとして筑紫哲也などの著名人や市民団体が疑問を投げかけた。

 これに対して東京地検特捜部は、衆議院での答弁から証拠隠滅の恐れがあったため逮捕に踏み切ったと主張した。

 逮捕後は、逮捕前の任意聴取での「政策秘書に勤務実態はあった」という主張が一転し、辻元と元秘書四人全員が口裏合わせをして証拠隠滅を図った事実と詐欺容疑を全面的に認めた。


以上、ウィキペディアより要約


続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。