06月 « 2012年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】丹羽宇一郎・駐中国大使(73)のような危険人物が戦争を誘発するのだと予感する

2012年 07月31日 15:30 (火)

【社会】丹羽宇一郎・駐中国大使(73)のような危険人物が戦争を誘発するのだと予感する
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1343525358/

1 名前: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★[tokimeki2ch@gmail.com] 投稿日:2012/07/29(日) 10:29:18.35 ID:???0 ?PLT(12557)
丹羽宇一郎・駐中国大使(73)のような危険人 物が戦争を誘発するのだと予感する。

氏は沖縄県・尖閣諸島購入計画に対し「日中関係 に重大な危機をもたらす」と批判。
中国・国家副主 席の面前で、計画に賛同し浄財を寄せる愛国者を「日本の国民感情はおかしい。日本は変わった国」と侮辱した。中国外交筋は「丹羽氏は話が通じる大局観のある常識人。
更迭されれば日中関係はさらに悪化する」と内政干渉した。

だが、歴史を振り返ると“常識人”は、時に国家に壊滅的損害を与える「戦犯」となる。
代表格は英国首相ネヴィル・チェンバレン(1869~1940年)。

第一次世界大戦(1914~18年)に負け、再軍備を著しく制限されていた、
アドル フ・ヒトラー(1889~1945年)率いるドイツは表向き「戦争回避」を唱えながら、裏では欧州大陸制覇(世界制覇説も在り)の野望を秘め、軍備を着々と整備していた。

第一次大戦でドイツに勝利した英国やフランスは国力を出し切り、戦争に疲れ果てた 反動も手伝い「夢想」との境が見えない“危ない平和主義”を謳歌していた。

従って、ヒト ラーの心底を見抜いていた政治家が「軍事力増強」を言い出そうものなら、衆愚による言 論上の「リンチ」に遭い、政治生命まで絶たれた。


*+*+ 産経ニュース +*+*
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120729/chn12072909510000-n1.htm


関連記事

丹羽大使、尖閣購入支持「おかしい」 外交軽視の実害 与党からも批判

無題


「尖閣は中国のもの」発言…中国「話の分かる日本人もいるらしい」

 玄葉光一郎外相は15日、丹羽宇一郎中国大使を日本へ一時帰国させ、尖閣諸島(中国名:釣魚島)をめぐる日本政府の考えを中国政府に説明するよう指示した。中国メディアの環球時報(電子版)が報じた。

 丹羽大使は石原都知事の尖閣諸島購入計画に対して公に反対を表明し、「日中関係が極めて重大な危機におちいる」と警告、同発言は日本国内で大きな反発を招き、野党からは大使を解任し、即刻帰国させるべきとの要求まで出ている。

 また元外務省国際情報局局長の孫崎享氏はツイッターで「日本人にとって受け入れがたい事実だが、尖閣諸島は日本固有の領土ではない」と述べた。孫崎氏は「日本が尖閣諸島の領有権を主張するようになったのは、1895年の尖閣諸島を沖縄県に編入させるという政府決定に基づいている」と発言した。

 また孫崎氏は、中国の歴史から見ると「すでに14世紀にはその軍事力が尖閣諸島一帯に及んでいたという史実がある」と主張、もしも尖閣諸島で中国との軍事衝突が起きるならば日本は確実に敗北するだろう主張、日本は国際社会から孤立することになるだろうと警告した。

 孫崎氏の発言に対し、中国のネット上では「開戦して日本に勝てるならばすぐに開戦すべきだ」、「日本人にも話の分かる人がいるらしい。歴史を尊重することは、事実を尊重するということだ」などといった声があがった。(編集担当:及川源十郎)

b81bfa1db49f3910b1ddc4dd19898264_convert_20120731143758.jpg

サーチナ 2012/07/16(月) 10:43

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。