04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア外務省、日本と北方領土交渉は行う構えなし

2015年 09月03日 13:12 (木)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2015/09/03(木)00:01:09 ID:???

日本との平和条約締結交渉、

ロシアは再開する用意あり、

だが北方領土交渉は行う構えなし




ロシアは日本との間に平和条約締結交渉を再開する構え。

一方でクリル諸島問題については対話は行われておらず、ロシア政権はこれを行う構えにない。

ロシア外務省が明らかにした。


ロシア外務省のモルグロフ次官はインターファックス通信からのインタビューに対し、「日本とは『クリル諸島問題』については一切対話を行っていない。この問題は70年前に解決されている。南クリルは第2次世界大戦の結果、法的根拠をもとに我々の領土となったものだ。諸島の主権と管轄権は疑いもなくロシアに属している」と語っている。

モルグロフ外務次官は、安倍首相がメドヴェージェフ首相のイトゥルップ島(択捉島)訪問後に出した声明で「北方領土」の帰属と平和条約締結の問題を話し合う重要性を語ったことについて、このようにコメントした。

同時にモルグロフ外務次官は、「我々は平和条約交渉の建設的な継続に、そして当然ながら、この問題の相互に受け入れ可能な解決策の模索への尽力が、露日のあらゆる方面に関する協力が広範で前進的に進められる背景で、双方によって図られねばならないことについて、理解する用意がある」と語っている。


Sputnik日本 (旧ロシアの声) 2015年09月02日 23:58


関連記事

露大統領の年内来日、もはや幻想 

ダメ押しの「領土交渉の意志なし」行動 

こだわる首相、迫られる戦略再考




ロシアのメドベージェフ首相が日本政府の中止要請を無視し北方領土入りを強行したことで、領土交渉のさらなる停滞は不可避となった。

8月末で調整していた岸田文雄外相の訪露は先送りする方針だが、安倍晋三首相がなおもこだわるプーチン大統領の年内来日はもはや「幻想」になりつつある。


メドベージェフ首相_convert_20150903124031
22日、北方領土・択捉島を訪れたロシアのメドベージェフ首相(前列中央)(ロイター=共同)

日露関係筋は22日、北方四島への「実効支配」の誇示に血道を上げるプーチン氏の胸中をこう表現した。

日本を訪問しても領土問題抜きだ。それでもいいなら行ってやるというプーチン氏の日本に対する頑(かたく)なな意思表示だろう

安倍首相とプーチン氏は6月24日の電話会談で首脳間対話の継続で一致し、プーチン氏の年内来日へ調整を進める方針を確認した。

プーチン氏もたびたび領土交渉のテーブルにつく「意欲」を示してきた。

しかし、それはポーズにすぎないことが鮮明となった。

ロシアは7月以降、2閣僚を相次いで北方領土に上陸させたほか、四島を含む千島列島での大型開発計画を打ち出すなど、首脳間合意を一切省みない言動で日本側に煮え湯を飲ませてきた。

政権ナンバー2のメドベージェフ氏の択捉島入りはその“ダメ押し”となった。

外務省幹部は「ソ連時代から続くロシア特有の行動様式だ」と語るが、プーチン氏が自身の訪日に前のめりとなる日本側の足元を見ていることは間違いない。

日本側には「領土問題を決着できる強い指導者だ」「安倍首相とは強い信頼関係がある」などと、根拠があいまいな紋切り型の「プーチン評」が定着してきた。

日露関係筋は「それこそプーチン氏の対日戦略を見誤る要因になっていた」と強調する。

戦後70年の節目にあたり北方領土問題解決を重要課題に掲げる安倍政権は、ウクライナ危機で米欧と足並みをそろえて対露制裁を発動する一方、領土交渉打開に向けロシアとのハイレベルの対話による二国間関係進展への道筋を探ってきた。

「プーチン氏の年内来日にこだわってきた」(政府関係者)とされる首相が対露交渉の突破口に描いていたのが、昨年春から宙に浮いている岸田氏の訪露の実現だった。

しかし、この期に及んで岸田氏を訪露させればロシアに甘い姿勢をとったとして世論の反発を招く。

内閣支持率が低下しかねないという計算も働いたようだ。

民主党政権時代の平成24年7月3日にメドべージェフ氏が首相として国後島入りした後、当時の玄葉光一郎外相は同月下旬に予定通りに訪露して、ロシア側に抗議した経緯がある。

だが昨年3月にロシアがウクライナ南部クリミア半島を併合したことに端を発した「ウクライナ要因」が加わり、3年前とは事情が決定的に異なる。

外務省幹部は、「対露外交は泥沼化の様相を呈するウクライナ東部紛争の行方と、日本の国内世論のいずれも無視できない」と指摘する。

日露が真摯(しんし)にハイレベルの対話を行う環境ではなくなった」(外務省関係者)なか、ロシア側が翻意することは期待しにくい。安倍政権は対露戦略の練り直しに迫られている。
 (政治部編集委員 高木桂一)

産経ニュース 2015.8.23 06:00
関連スレ おーぷん2ちゃんねる

24 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/08/23(日)11:58:30 ID:vG3

さっさと2島返還継続交渉にしておけば良かったのに、もう手遅れだな。

竹島と同じ。

つーか朝鮮と同じだな。

言うだけで何もしない。


I_Myeongbak-takeshima.jpg






続きを読む

スポンサーサイト

ロシア大統領、クリミア編入を表明 両者が条約に署名

2014年 03月19日 13:45 (水)

 住民投票でロシア編入の賛成票が9割を超えたウクライナ南部クリミアについて、ロシアのプーチン大統領は18日、ロシアに編入する条約をクリミア自治共和国首相らと結んだ。

 ソ連崩壊で1991年に誕生したロシアが本格的に領土を拡大させるのは初めて。


 プーチン氏は18日午後、大統領が執務するクレムリンに上下院議員らを集めて演説し、クリミア編入の方針を公式に表明。

「国民の意思に支えられている場合にのみ、こうした政治的決定が可能だ」と述べ、編入に幅広い支持があることを強調した。

 演説後、クリミア自治共和国のアクショノフ首相らと編入を定めた条約に署名した。

 ロシア議会が条約の批准を承認することは確実。

 ロシア大統領府は18日の条約署名でクリミアは編入されたとの見解を示した。

 欧米や日本は、住民投票がウクライナ憲法や国連憲章に反するとして結果を拒否し、クリミアの独立も認めていない。

 今回の編入を、ロシアが武力を背景に他国の領土を奪う行為とみており、ヘイグ英外相は18日「侵略であり土地の収奪だ」と非難した。

 オバマ米政権は同日、オランダ・ハーグで24日から開かれる核セキュリティーサミットの際に、主要国(G8)のうちロシアを除く7カ国の首脳会合開催を呼びかけた。

 日本も参加する方向だ。

 クリミア自治共和国と特別市セバストポリからなるクリミア半島では、ロシア軍とみられる部隊の掌握下で、16日に住民投票が実施され、95%超が編入に賛成。

 議会が「独立宣言」するとともに、ロシアに編入するよう要請していた。


 ロシアは今後、ウクライナ東部についても実質的な影響下に置くために、軍事行動に出るおそれがあり、ウクライナや欧米は警戒を強めている。

 欧米は「ロシアは追加制裁を受けることになる」(バイデン米副大統領)と、圧力をさらに強める構えだが、ロシアに方針変更させるだけの決め手には欠けるのが実情だ。

 旧ソ連諸国の中には、クリミア以外にも住民がロシア編入を求める一部地域が存在する。

 2008年のグルジア戦争でロシアが独立を承認した南オセチアやアブハジアなどで、ロシアはこうした地域を支援はしてきたが、実際に自国に編入したのはクリミアが初めてだ。
(モスクワ=関根和弘)

朝日新聞デジタル 2014年3月18日21時20分


注目記事

道州制法案、今国会提出へ=安倍首相に方針伝達-自民本部長

時事ドットコム(2014/03/17-12:33)



続きを読む

移民問題 プーチン大統領:働くことはできるが分野は限られる

2013年 10月04日 13:28 (金)


ロシアのプーチン大統領は、移民の受け入れ基準を厳しくする必要があるとの考えを表した。



プーチン大統領は、政党「統一ロシア」の幹部たちとの会合で、政府と議員に対し、ロシア人が移民にかわってできる仕事の分野について考えるよう提案した。

 プーチン大統領は、「小売店で働くロシア人を見つけるのは難しいことだろうか?恐らく、そんなことはないだろう」と述べた。

 なおプーチン大統領は、建設やその他の複数の分野では、移民が必要だとの考えを表した。
 
 プーチン大統領は、移民は仕事をするために訪れた国の法律や地域の習慣を知り、それを守り、従わなければならないと指摘し、「遵守しない者に対しては、法で規定されているあらゆる処置を講じなければならない」と述べ、移民法の違反に対する罰則を強化するとの考えを表した。


ロシアの声 2013/10/03




続きを読む

【日露首脳会談】 ロ大統領、会見でいら立つ 北方領土の外国企業活動問われ

2013年 04月30日 15:36 (火)

無題_convert_20130430133535


 北方領土交渉を妨害したいなら「激しい質問を」どうぞ-。ロシアのプーチン大統領は29日の日ロ首脳会談後の記者会見で、北方領土で外国企業が活動している問題について考えを聞かれると、こう答え、いら立ちをのぞかせた。

 プーチン氏は「われわれは本当にこの(領土)問題を解決したいのだ」とした上で、問題解決プロセスを「妨げたいなら、激しくて直接的な質問をし、激しくて直接的な回答を得ることだ」と厳しい表情で答えた。

 同氏はさらに「現地はロシア国籍を持つ人々が暮らす。彼らの生活を考える必要がある」と訴え、島民の生活水準向上のため、外国企業も必要との考えを示した。ただ「ロシアの主権」といった言葉は避け、日本側に一定の配慮も見せた。

 北方領土では近年、米国や韓国の企業がインフラ整備などを受注するケースが相次ぐ。安倍晋三首相は「この状況は日本の立場と相いれない」とした。
 (共同)

産経ニュース 2013.4.30 07:40


関連記事

10年ぶり日露共同声明 

見えぬ道筋 

首相「魔法の杖ない」




 安倍晋三首相は10年間停滞した北方領土交渉の「加速化」でプーチン大統領と合意にこぎつけた。接点の見いだせない事務レベル交渉に見切りをつけ、自ら乗り込むトップ外交で突破口を開いた形だ。首相は波状的な首脳会談で交渉を進展させたい考えだが、2島返還で決着を図るプーチン氏の姿勢に変化はなく、日本が求める「4島返還」への道筋はなお描けていない。

 首相は会談後のプーチン氏との共同記者会見で、平和条約交渉について「直接取り組み、解決に全力を挙げる」と述べ、トップ外交による交渉進展に強い意欲を示した。

 しかし、事前の事務レベル調整でのロシア側の姿勢は強硬で「歯舞群島、色丹島の2島返還どころか『返還ゼロ』ベースの構えだった」(外務省幹部)。首相も、周辺に「予想以上に固い」と漏らすほど。領土交渉の立て直しには暗雲が立ち込めていた。

 だが、プーチン氏も日本を袖にできない事情を抱えていた。米国発のシェールガス革命で、天然ガス輸出は行き場を失いかねない。開発の遅れた極東地域は10年で人口を60万人減らし、東北3省の人口が1億人を超えた中国に、ロシアは脅威を感じ始めた。

 「極東シベリアで中国の影響力を抑えきれない。日本企業に積極進出してほしい」。露有力政治家が打診してきたことに首相は着目した。「エネルギー協力拡大」との表現でガス輸入の積み増しに含みを持たせ、インフラや都市環境の整備も掲げ、領土交渉で足並みをそろえさせたのだ。

 ただ、首相は共同記者会見で「戦後67年以上たっても解決しない問題を一気に解決していく魔法の杖(つえ)は存在しない」とハードルの高さを認めた。具体策を見いだすのは難しく、「3島返還論」などの妥協案が日本側でも取り沙汰される。

 さらに、首相が言うように「首脳の決断なしには解決しない」のは事実だが、前回政権時に比べ政権基盤が盤石とはいえないプーチン氏は「大胆な譲歩には踏み切れない」(政府高官)との見方も根強い。

 今回、協定や覚書を交わした経済協力分野は、シベリア開発などロシア側のメリットが大きい。領土交渉で前向きな姿勢を示したとはいえ、妥結の時期は明示されず、「進展」の実効性が担保されたとはいいがたい。「肩すかし」にあわないよう、首相はプーチン氏の出方を慎重に見極める必要がある。
 (モスクワ 半沢尚久、佐々木正明)

産経ニュース 2013.4.30 06:56


参考記事

北方領土に中韓企業 インフラ・農業の開発参画
産経新聞 2012.5.12 23:46

日韓共同でエネルギー開発を=民主・仙谷氏
時事ドットコム (2012/07/13-17:52)

仙谷

韓国3議員の国後島訪問 ロシアに支援要請
東京新聞 2011年5月26日 朝刊

北方領土に揚陸艦派遣=対日参戦を記念-ロシア艦隊
時事ドットコム(2012/08/15-00:28)

001ec94a25c50dc3639225_convert_20130430133810.jpg

【露首相北方領土訪問】 「無条件降伏したこと思い出せ」 ロシア上院外交副委員長が日本批判「内政干渉だ」
(共同) 2012.7.4 09:48





続きを読む

北方領土に揚陸艦派遣=対日参戦を記念-ロシア艦隊

2012年 08月18日 12:29 (土)

 【モスクワ時事】

 ロシア太平洋艦隊報道官は14日、旧ソ連軍による1945年8~9月の対日参戦を記念し、同艦隊所属の大型揚陸艦「アドミラル・ネベリスコイ」を8月25日から9月17日まで北方領土などに派遣することを明らかにした。インタファクス通信が伝えた。

 同報道官によると、派遣は対日参戦時に南樺太(サハリン)や千島列島で死没した旧ソ連軍人の追悼などが目的。国後、択捉2島のほか、北千島のパラムシル島も訪問するという。


時事ドットコム(2012/08/15-00:28)


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。