09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇后さま82歳 生前退位報道「驚きと痛み」

2016年 10月22日 13:22 (土)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/10/20(木)12:29:27 ID:???

皇后さま82歳 生前退位報道「驚きと痛み」

皇后陛下_convert_20161022115802

皇后さまは20日、82歳の誕生日を迎えられた。

これに先立ち、宮内記者会の質問に文書で回答し、8月に天皇陛下が「生前退位」の意向を示されたことについて理解を示す一方、新聞報道に接し「衝撃は大きなものでした」とつづられた。

陛下のお気持ち表明について、皇后さまが感想を述べられたのは初めて。

皇后さまは、8月の陛下のビデオメッセージを「現在のお気持ちのにじむ内容のお話」とご表現。皇室の重大な決断が行われる場合に関われるのは「皇位の継承に連なる方々」とし、配偶者や親族であってはならないとの考えを示したうえで「皇太子や秋篠宮ともよく御相談の上でなされたこの度の陛下の御表明も、謹んでこれを承りました」と記された。

陛下は平成24年7月以降、月1回のペースで皇太子さま、秋篠宮さまを御所に招き、皇后さまと昼食をともにされている。

陛下は、皇太子さま、秋篠宮さまの2人には事前に「生前退位」の意向を伝えたとされていたが、こうした機会に意見交換を重ねてこられたとみられる。

ただ、皇后さまは、新聞の1面で「生前退位」という大きな活字を見た際、大きな衝撃を受けられたという。

その理由として「歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません」と自らの心情を振り返った
一方、「私の感じ過ぎであったかもしれません」とも記された。

このほか、熊本地震や台風10号、今月8日の阿蘇山噴火の被害に触れ「皆してその時々に被災した人々を支え、決して孤独の中に取り残したり置き去りにすることのない社会を作っていかなければならない」とつづられた。


産経ニュース 2016.10.20 05:00

関連

皇后陛下お誕生日に際し(平成28年)

宮内記者会の質問に対する文書ご回答


宮内庁 HP

無題_convert_20160714143838

「生前退位」ご意向は、NHKの恣意的な報道か?

無題_convert_20160812125149

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば



天皇陛下のおことばを習近平氏がさっそく政治利用

習近平_convert_20161022124752

天皇陛下のおことばでは、「生前退位」という具体的な言葉は用いられていない。

新華社通信の馮武勇記者の署名入り記事は「突然、『生前退位』の意向を提起したのはおそらくある現実的な『危機感』によるもので、この危機感は安倍政権の動向と深く関係していると考えられる」と前置きしている。

「生前退位」は7月13日のNHKの特ダネによって世間に知られることになったが、この3日前の参議院議員選挙で「連立与党を含む『憲法改正派』の勢力が3分の2以上の議席を占め(中略)安倍政権は衆参両院で『憲法改正の提議』を行うための重要な難関を通り越したことを意味する。

明仁天皇の『危機感』はまさに安倍自民党の憲法改正が紙面から現実に変わったことに起因する」と述べて、陛下の生前退位の真意は健康問題よりも、安倍政権による憲法改正への「危機感」の方が大きいと論評している。


以上、※SAPIO2016年11月号より要約
関連スレ おーぷん2ちゃんねる

2 名前:ミリヲタ相模川右岸[sage] 投稿日:2016/10/19(水)17:27:24 ID:MUz

退位作戦が進行中アル

10 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/10/19(水)17:58:20 ID:Nyr

サヨクと中共の言い分が完全に一致w

11 名前:ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw[] 投稿日:2016/10/19(水)18:07:34 ID:OmN

日本の国体をぶちこわせば、

共産革命がやりやすくなるもんなw

フランス大革命みたいな大虐殺になるわ


12 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/10/19(水)18:08:32 ID:oF4

皇室を廃絶したい中共に物申す資格はありません。

19 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/10/19(水)20:12:26 ID:YeA

チャンコロの酋長が日本のパヨクと同じ様な事喚いてるなw

マスゴミ



続きを読む

スポンサーサイト

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば

2016年 08月12日 13:05 (金)

天皇陛下

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/08/08(月)21:20:59 ID:???

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば

(平成28年8月8日)




戦後70年という大きな節目を過ぎ,2年後には,平成30年を迎えます。

私も80を越え,体力の面などから様々な制約を覚えることもあり,ここ数年,天皇としての自らの歩みを振り返るとともに,この先の自分の在り方や務めにつき,思いを致すようになりました。

本日は,社会の高齢化が進む中,天皇もまた高齢となった場合,どのような在り方が望ましいか,天皇という立場上,現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら,私が個人として,これまでに考えて来たことを話したいと思います。

即位以来,私は国事行為を行うと共に,日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を,日々模索しつつ過ごして来ました。

伝統の継承者として,これを守り続ける責任に深く思いを致し,更に日々新たになる日本と世界の中にあって,日本の皇室が,いかに伝統を現代に生かし,いきいきとして社会に内在し,人々の期待に応えていくかを考えつつ,今日に至っています。

そのような中,何年か前のことになりますが,2度の外科手術を受け,加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から,これから先,従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合,どのように身を処していくことが,国にとり,国民にとり,また,私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき,考えるようになりました。

既に80を越え,幸いに健康であるとは申せ,次第に進む身体の衰えを考慮する時,これまでのように,全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないかと案じています。

私が天皇の位についてから,ほぼ28年,この間私は,我が国における多くの喜びの時,また悲しみの時を,人々と共に過ごして来ました。

私はこれまで天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に,国民統合の象徴としての役割を果たすためには,天皇が国民に,天皇という象徴の立場への理解を求めると共に,天皇もまた,自らのありように深く心し,国民に対する理解を深め,常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。

こうした意味において,日本の各地,とりわけ遠隔の地や島々への旅も,私は天皇の象徴的行為として,大切なものと感じて来ました。

皇太子の時代も含め,これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は,国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ,私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。

天皇の高齢化に伴う対処の仕方が,国事行為や,その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには,無理があろうと思われます。

また,天皇が未成年であったり,重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には,天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。

しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。

更にこれまでの皇室のしきたりとして,天皇の終焉に当たっては,重い殯の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き,その後喪儀に関連する行事が,1年間続きます。

その様々な行事と,新時代に関わる諸行事が同時に進行することから,行事に関わる人々,とりわけ残される家族は,非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。

こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが,胸に去来することもあります。

始めにも述べましたように,憲法の下,天皇は国政に関する権能を有しません。

そうした中で,このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを,切に願っています。


宮内庁 平成28年8月8日

無題_convert_20160812125149

@Reuters_co_jp

関連

「生前退位」ご意向は、NHKの恣意的な報道か?

関連スレ おーぷん2ちゃんねる

【政治】首相  天皇陛下のお気持ち表明 重く受け止める [H28/8/8]
関連スレ おーぷん2ちゃんねる

5 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/09(火)00:56:56 ID:kEe [1/18]

無題_convert_20160812123654

オフイス・マツナガ @officematsunaga
【陛下のお言葉】
 うんで、どこに「退位」するってあったんだ?
 とNHKの記者に聞く。
「NHKの『生前退位』報道は、NHKの奥の院だから、わからん」
 ほほう、NHKに奥の院があったのかw

https://twitter.com/officematsunaga/status/762597231912292352

H.Okada ミラクルヤン @7slip8oki1
@officematsunaga @si_r_o_k_u_m_a @kaminoishi
奥の院=日本共産党支部=中国共産党、見えた、この話の流れ

https://twitter.com/7slip8oki1/status/762599485214121984

天道 九文/ジンライ @glitter00RX
@officematsunaga @kaminoishi
奥の院=中国
なるほど。海外になるなら日本で、知られてないわけですわ。

https://twitter.com/glitter00RX/status/762597980398510080

【天皇陛下「お気持ち」】

米政府、議論見守る=メディア「安倍首相の頭痛の種に」 [H28/8/10]

関連スレ おーぷん2ちゃんねる

31 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/08/10(水)12:14:02 ID:RjF [5/8]

無題_convert_20160812124456

233 :名無しさん@おーぷん :2016/08/09(火)22:57:48 ID:PeH ×

もうひとつの世論の力。NHKが、メインテロップから「生前退位」を外す】

「陛下のお言葉」

https://twitter.com/officematsunaga/status/762963258256994305


続きを読む

天皇陛下 82歳に 戦後70年「先の戦争を考えた1年」

2015年 12月24日 13:04 (木)

h19-1223-1.jpg

天皇陛下

82歳に 戦後70年「先の戦争を考えた1年」


無題_convert_20151224123408

元スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2015/12/23(水)12:17:49 ID:aES

天皇陛下は23日、82歳の誕生日を迎えられた。

pre-ph27-1.jpg

これに先立ち皇居・宮殿で記者会見し、戦後70年の今年を「先の戦争のことを考えて過ごした1年だったように思います」と振り返り、「先の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが日本の将来にとって極めて大切なことと思います」と述べた。

天皇、皇后両陛下は4月、太平洋戦争の激戦地のパラオを訪問し、日米の慰霊碑に供花した。

陛下は、周辺の海に不発弾が多く残っていることに触れ「島々に住む人々に大きな負担をかけるようになってしまったことを忘れてはならない」と話した。

また、戦時中に民間船員が、軍に徴用された輸送船に乗り、多数が亡くなったことについて「輸送船を守るべき軍艦などもない状況下でも、輸送業務に携わらなければならなかった船員の気持ちを本当に痛ましく思います」と語った。

日本人2人のノーベル賞受賞については「長年にわたる地道な研究を誠に尊いものと思います」と話した。

また、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)が11月に初飛行に成功したことを「うれしいことでした」と述べ、皇太子時代の1962年12月、戦後初の国産旅客機「YS11」の完成披露式に出席したことを「懐かしく思い起こされました」と振り返った。

自然災害では、5月の鹿児島県の口永良部島の新岳噴火について「避難生活が続いていることに心を痛めています」と述べた。

また、9月の関東・東北豪雨で大きな被害を受けた茨城県常総市を見舞い、多くのボランティアが活動していることなどを「困難に遭遇している人々を助けようという気持ちが日本人の中に豊かに育っていることを非常に心強く思います」と話した。

82歳を迎えたことについて「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました」と述べた上で、「一つ一つの行事に注意深く臨むことによって、少しでもそのようなことのないようにしていくつもりです」と語った。
【高島博之】

毎日新聞 2015年12月23日


天皇陛下お誕生日に際し

天皇陛下の記者会見全文(宮内庁HP)



続きを読む

天皇陛下のおことば 全国戦没者追悼式 平成27年8月15日(土)(日本武道館)

2015年 08月16日 12:44 (日)

PK2015081602100003_size0_convert_20150816111245.jpg

「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり,全国戦没者追悼式に臨み,さきの大戦において,かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い,深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に70年,戦争による荒廃からの復興,発展に向け払われた国民のたゆみない努力と,平和の存続を切望する国民の意識に支えられ,我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という,この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき,感慨は誠に尽きることがありません。

ここに過去を顧み,さきの大戦に対する深い反省と共に,今後,戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い,全国民と共に,戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し,心からなる追悼の意を表し,世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。


宮内庁 HP



関連スレ おーぷん2ちゃんねる

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2015/08/15(土)13:27:01 ID:???

「深い反省」、異例のお言葉=天皇陛下、

昨年までは定型―全国戦没者追悼式




 天皇陛下は15日の全国戦没者追悼式の「お言葉」で、先の大戦に対する「深い反省」という表現を盛り込まれた。
 
 陛下が戦没者追悼式でこうした表現を使ったことはなく、戦後70年の節目の式で、異例と言える内容となった。
 
 戦没者追悼式のお言葉は、戦後50年の1995年に「歴史を顧み」との文言が加わって以降、昨年までは毎年、ほぼ定型化していた。

 今年は「過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に」という文言が加わり、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願うと述べた。
 
 さらに、「戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた」国民の努力と、「平和の存続を切望する国民の意識」に支えられ、日本は平和と繁栄を築いてきたと語った。 


時事通信 2015年8月15日(土)12時10分配信


関連 安倍首相の式辞全文

平成27年8月15日

全国戦没者追悼式式辞

安倍首相の式辞_convert_20150816125551

天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、戦没者の御遺族、各界代表多数の御列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行致します。
 
遠い戦場に、斃れられた御霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遥かな異郷に命を落とされた御霊の御前に、政府を代表し、慎んで式辞を申し述べます。
 
皆様の子、孫たちは、皆様の祖国を、自由で民主的な国に造り上げ、平和と繁栄を享受しています。それは、皆様の尊い犠牲の上に、その上にのみ、あり得たものだということを、わたくしたちは、片時も忘れません。
 
七十年という月日は、短いものではありませんでした。平和を重んじ、戦争を憎んで、堅く身を持してまいりました。戦後間もない頃から、世界をより良い場に変えるため、各国・各地域の繁栄の、せめて一助たらんとして、孜々たる歩みを続けてまいりました。そのことを、皆様は見守ってきて下さったことでしょう。
 
同じ道を、歩んでまいります。歴史を直視し、常に謙抑を忘れません。わたくしたちの今日あるは、あまたなる人々の善意のゆえであることに、感謝の念を、日々新たにいたします。
 
戦後七十年にあたり、戦争の惨禍を決して繰り返さない、そして、今を生きる世代、明日を生きる世代のために、国の未来を切り拓いていく、そのことをお誓いいたします。
 
終わりにいま一度、戦没者の御霊に平安を、ご遺族の皆様には、末永いご健勝をお祈りし、式辞といたします。

平成二十七年八月十五日
内閣総理大臣 安倍晋三


首相官邸 HP



続きを読む

両陛下、傘差さずに供花…宮城「千年希望の丘」

2015年 03月15日 14:54 (日)

元スレ おーぷん2ちゃんねる

20150313-OYT1I50021-L_convert_20150315144844.jpg

1 :◆sRJYpneS5Y:2015/03/14(土)15:21:59 ID:???

両陛下、傘差さずに供花…宮城「千年希望の丘」



 天皇、皇后両陛下は13日、第3回国連防災世界会議の出席と東日本大震災の復興状況視察のため、空路で宮城県に入られた。

 この日は、岩沼市の人工防潮丘「千年希望の丘」を訪問。津波襲来時の避難場所として震災がれきを埋設して整備した丘で、近くには同市の震災犠牲者155人の名前が刻まれた慰霊碑がある。

 両陛下は冷たい雨が降る中、傘も差さずに慰霊碑の前に進み、白菊の花を供えられた。

 さらにバスで周辺の整備状況を視察。

 天皇陛下は、丘の高さや機能を質問され、皇后さまは、丘のあずま屋が非常時のテントになるとの説明に「幕が張られると寒さがしのげますね」と安心したように話されたという。

 その後、天皇陛下は仙台市のホテルで、同会議で来日したトルクメニスタンのベルドイムハメドフ大統領と会見された。

 陛下が皇居の外で外国の元首と会見されるのは初めて。

 東京で日程の調整がつかなかったためだという。


YOMIURI ONLINE 2015年03月13日 19時41分


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。