04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トモダチ作戦」救難部隊だった米軍墜落ヘリ 殉職兵士に全国から感謝続々

2013年 08月24日 15:28 (土)

 沖縄県の米軍基地キャンプ・ハンセン(宜野座村など)敷地内で今月5日、米軍ヘリコプターが墜落し乗員1人が死亡した事故。

 墜落したのは、東日本大震災の在日米軍の救援活動「オペレーション・トモダチ(トモダチ作戦)」で被災地を飛び回った救難部隊のヘリだった。

 無題_convert_20130824141908

 殉職した同部隊所属の米軍兵士に対し、全国から哀悼の意を表するメッセージが在日米軍に次々寄せられている。


 事故では、米空軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)の第33救難中隊で救難活動や医療搬送、災害対応に当たってきた救難ヘリ「HH60」が墜落し、マーク・スミス1等軍曹(30)が殉職した。

 「あなた方は日本の誇りです。お悔やみ申し上げます」。在日米軍司令部(東京都福生市)などによると、嘉手納基地には125通を超える哀悼のメールが寄せられ、司令部には短文投稿サイトのツイッターを通じて300を超えるメッセージが寄せられた。

 沖縄県内を中心に在日米軍に批判的な報道が目立つためか、「さまざまな報道があるが、日本人の中には在日米軍の皆さんに感謝している人もいます」と支援のメッセージもあったという。

 スミス1等軍曹が所属していた第33救難中隊は、震災直後から交通が寸断され孤立した地域や離島をヘリで飛び回り、支援の手がなかなか届いていなかった被災地に水や食料などを届けてきた。

 同部隊で通訳を務めた20代の女性兵士は、震災から3日たった3月14日夜、支援の手が回っていなかった宮城県南三陸町の介護老人保健施設の屋上に「200人SOS」の文字を見つけた。すぐに暗闇の中、空中でホバリングしたヘリからロープをつたって降下。各地で被災者との橋渡しを務め、今も被災地で感謝されている。

 スミス1等軍曹は震災後の配属のため、トモダチ作戦には参加していない。それでも全国から在日米軍に寄せられたメッセージの中には、「部隊の皆さんは東日本大震災でも被災地を飛び回ってくれた」と感謝を示す言葉が目立つという。

 在日米軍司令部のデビッド・ホンチュル空軍中佐は「皆さまからのメッセージに私たちも大変に感動している。お悔やみの言葉は、この素晴らしい国との関係がいかに価値あるものかということを表現していると感じる」と話している。

     ◇

 ■米軍ヘリ宜野座墜落事故 5日午後4時ごろ、米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の第33救難中隊所属の救難ヘリが同県宜野座村のキャンプ・ハンセン内の山林に墜落、乗員4人が死傷した。米空軍は6日、同型の救難ヘリHH60の飛行を当面見合わせ、同型救難ヘリの整備点検などが行われた。3日に開始した普天間飛行場(同県宜野湾市)への新型輸送機MV22オスプレイの追加配備も一時見合わせたが、12日に再開。HH60も16日から飛行訓練を再開している。


産経ニュース 2013.8.24 11:46


参考資料動画

第33救難中隊_convert_20130824143653

「operation tomodachi 」 米軍による救援活動 ~友達作戦~

【ありがとうアメリカ軍!】米海軍 東日本大震災災害派遣の記録


参考記事

浜辺に「ARIGATO」 復旧参加の米大佐「感動」
asahi.com 2011年4月17日0時15分

TKY201104160408.jpg



続きを読む

スポンサーサイト

「トモダチ作戦」の在日米軍トップが交代 新司令官、同盟強化に意欲

2012年 07月21日 14:21 (土)

米軍横田基地(東京都)で20日、在日米軍司令官の交代式が開かれ、東日本大震災の「トモダチ作戦」を在日米軍トップとして支えたバートン・フィールド空軍中将に代わり、サルバトーレ・アンジェレラ空軍中将が新司令官に就任した。

 交代式は基地内の格納庫で行われ、日本の防衛省・自衛隊や外務省の幹部らも出席。約500人が見守る中、指揮権を表す部隊旗がアンジェレラ新司令官に引き継がれた。

 フィールド前司令官は横田基地での任務は「これまでの勤務の中で最もやりがいのある仕事だった」とあいさつ。アンジェレラ新司令官は、日米同盟強化の取り組みを担う仕事ができることを「とても光栄に思う」と語った。

 アンジェレラ新司令官は空軍士官学校卒業。F16戦闘機のパイロットなどを経て2005~07年に青森県の米軍三沢基地司令官、09~10年に在日米軍副司令官を務めた。日本赴任は今回で5回目。
(共同)

産経ニュース 2012.7.20 12:39

amr12072012450002-p1.jpg
在日米軍司令官に就任したアンジェレラ空軍中将(右)と退任したフィールド空軍中将=20日、米軍横田基地(AP)



参考記事

浜辺に「ARIGATO」 復旧参加の米大佐「感動」

TKY201104160408.jpg

関連サイト

94 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/04/17(日) 07:42:15.47 ID:aUanjqo30 [1/2]
ある一人の若者が米軍にありがとう作戦を決行

http://mixi.jp/view_community.pl?id=5567438

こないだ「トモダチ作戦」に関する日記を書いた時「どうにかして米軍の皆さんにお礼がしたい!!」と思ったオイラ。
そっちがトモダチならこっちは「ありがとう作戦」だ!!


そんなypsilon的日々・・

ありがとう作戦..mixiを見られない人のために転載させていただきました。(同サイトより抜粋)


日本の皆さん、ARIGATOにはおよびません。
 

 20110417k0000m030041000p_size5.jpg

(写真 ロバート・トス米空軍大佐)




続きを読む

駐米大使「トモダチ作戦」感謝の広告

2012年 03月12日 15:28 (月)

東日本大震災から1年がたつのに合わせ、藤崎一郎駐米大使は、米国に謝意を示す広告を9日付米紙ワシントン・ポストに掲載した。

   news4973687_6.jpg

 「トモダチ作戦」で日本での復興支援に当たる米兵や、ランドセルを背負う女の子の写真と共に、日本語で「ありがとう」と記し、英語で「まだ課題はあるが、日本は復興の道を進んでいる。あなた方の助けがなければなし得なかった。支援は決して忘れない」「ことしは日本から(米国に)桜が贈られて100年。日米の友情をあらためて確認しよう」とのメッセージを載せた。

 福島民報と日本大使館も「福島復興」と題した広告で、東京電力福島第1原発事故からの復興に取り組む現状を報告、米国からの励ましに謝意を示した。
 (共同)

ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)2012年3月10日6時13分


関連過去記事

米新聞に「感謝」 邦人が掲載 NHKニュース 5月11日7時21分

浜辺に「ARIGATO」 復旧参加の米大佐「感動」

    TKY201104160408.jpg

「ありがとう、台湾」=被災者がテレビCMでメッセージ

参考資料動画

「operation tomodachi 」 米軍による救援活動 ~友達作戦~

【ありがとうアメリカ軍!】米海軍 東日本大震災災害派遣の記録


続きを読む

米新聞に「感謝」 邦人が掲載

2011年 05月12日 13:19 (木)

arigato新聞_convert_20110512124037


 東日本大震災を受けてアメリカの人たちから寄せられたさまざまな支援に対する感謝の気持ちを伝えようと、アメリカに住む日本人の有志らが、現地の新聞の紙面に大きな文字で「ARIGATO(ありがとう)」などと書いたメッセージを載せました。

感謝のメッセージを掲載したのは、首都ワシントンなどに住む日本人や、アメリカにゆかりのある作家や外交官、それに超党派の国会議員など日本人の有志合わせておよそ300人です。メッセージは10日付けのアメリカの新聞「ワシントンタイムズ」に紙面の1ページすべてを使って掲載され、握手をする2つの手のイラストの下にアルファベットで「ARIGATO」という大きな文字が書かれています。そして、「共に汗と涙を流して下さっているあなた方は本当の友人です」といったメッセージが添えられています。東日本大震災を受けてアメリカでは、政府による大規模な支援活動のほか、市民レベルでも支援の輪が広がっていて、各地で市民が率先してチャリティーイベントを開いたり、アメリカの赤十字にはこれまでに日本円で160億円を超える義援金が集まったりしています。メッセージの掲載を呼びかけた日本人有志の1人は「アメリカの人たちに、民間の立場からお礼が言いたかった。市民同志の絆を深めることで少しでも被災地の復興を後押ししたい」と話していました。

NHKニュース 5月11日7時21分

関連記事

「ありがとう、台湾」日本の有志6000人、地元2紙に広告
 

浜辺に「ARIGATO」 復旧参加の米大佐「感動」

続きを読む

日米共同、仙石線復旧へ「ソウルトレイン」作戦

2011年 04月22日 12:08 (金)



 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県東松島市野蒜(のびる)のJR仙石線野蒜駅で21日、在日米陸軍と自衛隊によるがれきの撤去作業が始まった。

 あおば通駅(仙台市)と石巻駅を結ぶ仙石線は、JR東日本ががれきの撤去や線路の復旧に取り組んでいるが、沿岸部の被害が甚大で、宮城県などの要請を受け、米軍などが撤去作業に協力することになった。

 米兵約40人と自衛隊員16人がこの日、津波で駅舎に流れ込んだ冷蔵庫や自動販売機を運び出し、重機でホームのがれきを取り除いた。

 米軍はこの作戦を「ソウル トレイン」と命名。指揮を執る在日米軍のアラン・ネイランド大佐は「作戦に日米の魂を注ぎたい」と話した。

(2011年4月21日14時41分 読売新聞

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。