06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【台湾ブログ】本当にごめんなさい…復興に向け祈ることしかできず

2013年 03月18日 14:39 (月)

 2011年3月11日の東日本大震災から2年が経過した。台湾から寄せらられた巨額の募金や温かい支援は、日本と台湾の友好をより強くした。台湾人女性のBUNNY0304(ハンドルネーム)さんはこのほど、東日本大震災と日本への思いを自身のブログにつづった。

1725843372_convert_20130318134235.jpg

 東日本大震災の発生当日、筆者は自身が通う学校の成人式に参加し、あいさつをした校長の口から初めて「日本で起こった恐ろしい出来事」を聞いたという。帰宅後にテレビを見て、「事の重大さを理解した」という筆者は、テレビのニュースで流れる大震災の映像を見るたびに「涙が止まらなかった」そうだ。

1725843375_convert_20130318134412.jpg

 「なぜこんな恐ろしいことが日本で起きなければならなかったのか」と問いかけたという筆者は、2年が経過した今でも、その答えは見つからないと綴った。筆者は今も毎日、就寝前に「日本が早く復興するように」と祈っているらしい。

1725843373_convert_20130318134643.jpg

「すべての神が日本に力を貸してくれるように」と祈ってくれている彼女は、「経済力のない自分にはこんなことしかできない」と述べ、「本当にごめんなさい」と綴った。

1725843374_convert_20130318134745.jpg

 そんな優しすぎる筆者が日本を好きになった理由は、幼少のころから見ていたというアニメがきっかけだったらしい。日本のアニメを見ることは、幼稚園に行くより「100万倍楽しかった」と述懐した。また、筆者の家庭に日本人の女性がホームステイしていたのか、彼女が日本でホームステイしたことがあるのかは不明だが、ホームステイを通じて知り合った日本人の女性も「とても優しくしてくれた」らしい。

 また、日本を訪れたことのある彼女は「日本人はとても人柄が良く、自然も美しい」と述べ、「何もかもがすばらしかった」と振り返り、それらが日本が大好きな理由なのだという。

 これほどまで日本に好意を抱いてくれていた筆者。その強い思いゆえに、震災は彼女に大きな衝撃を与えたのだろう。世界中に日本を思ってくれる人がいるということが日本人に大きな力を与えてくれる。震災を風化させることなく、被災地および日本の復興のために何ができるのかを考え続けなければならないだろう。
 (編集担当:畠山栄)

サーチナ 2013/03/17(日) 15:32



挿絵BUNNY0304(ハンドルネーム)さんのブログ

Bunny種的小花園☺ [Diary] 311兩週年 最喜歡日本了 より転載



続きを読む

スポンサーサイト

震災犠牲者追悼のたこ揚げ=ガザの子どもたち【震災2年】

2013年 03月12日 12:27 (火)

【ハンユニス(パレスチナ自治区ガザ)時事】

 パレスチナ自治区ガザ南部ハンユニスで11日、東日本大震災の犠牲者を追悼し、被災者との連帯を表すたこ揚げが行われた。約1000人の子どもたちが一斉に手作りのたこを揚げた。

0130311ath8_p.jpg

 ガザは、イスラエルによる経済封鎖が続き、市民の生活は苦しい。子どもたちを代表してあいさつしたハゼム・アガくん(14)は「日々の困難な暮らしの中で悲しみと痛みを知る私たちは、他人の痛みを感じることができるのです」と話し、被災者の力になりたいと誓った。

 ガザの子どもたちは2011年7月に1万2350のたこを同時に揚げるギネス記録を打ち立てている。


時事ドットコム(2013/03/11-19:12)


続きを読む

スマトラでも東日本大震災追悼 「絆」人文字でアピール

2013年 03月12日 11:49 (火)

TKY201303110381_convert_20130312113425.jpg

【ジャカルタ共同】

 04年のスマトラ沖地震による大津波の被災地、インドネシア・アチェ州バンダアチェ近郊の中学校で11日、発生から2年となった東日本大震災の犠牲者を追悼する式典が開かれた。女子生徒らが漢字の「絆」の人文字を披露、被災地への連帯をアピールした。

 校庭に、直径約10メートルの真っ赤な「絆」の文字が浮かび上がった。ジルバブ(スカーフ)をかぶった制服姿の女子生徒約30人が、赤い布を高々と持ち上げる。

 式典には州政府や地元漁協の関係者、中高生ら計約600人が参加、震災犠牲者に黙とうをささげた。生徒らは日本語の歌を合唱した。
 

長崎新聞 2013/03/11(月)


続きを読む

【東日本大震災2年】 米民間寄付は684億円 先進国への災害支援で最大

2013年 03月11日 16:49 (月)

 国際交流団体、日本国際交流センター(東京都港区)は11日までに、東日本大震災の被災者に対する米国の民間寄付が発生から2年間で、計7億1260万ドル(約684億円)に達したと発表した。

 外国の災害への寄付としては、スマトラ沖地震に伴うインド洋沿岸を襲った大津波(2004年)、ハイチ大地震(10年)に次ぐ額で、米国から他の先進国への災害支援としては過去最大という。

 米国の企業やNPO法人、個人らからの寄付を集計、算出した。最も大口の寄付をしたのは米赤十字社(3億1200万ドル)で、国際非政府組織(NGO)セーブ・ザ・チルドレン(2615万ドル)などが続いた。

 日本国際交流センターは多くの寄付が集まった背景について「過去数十年間に日米間で築かれた強力な草の根の結び付き」を指摘した。(共同)


産経ニュース 2013.3.11 14:38


参考資料

浜辺に「ARIGATO」 復旧参加の米大佐「感動」

TKY201104160408.jpg

日本の皆さん、ARIGATOにはおよびません。



続きを読む

震災で不通の鉄道 運転再開へ新車両

2013年 02月18日 12:49 (月)

 東日本大震災で不通になっている岩手県の三陸鉄道南リアス線が、ことし4月に2年ぶりに一部で運転を再開するのを前に、津波で使えなくなった車両に代わる新しい車両が大船渡市に到着しました。

 無題3_convert_20130218102915

 岩手県の大船渡市と釜石市を結ぶ三陸鉄道の南リアス線は、津波でレールや鉄橋が流されるなどの被害を受け、震災から2年近くたった今も全線で不通となっています。
このうち、大船渡市の盛駅と吉浜駅の間のおよそ22キロの区間は、ことし4月3日に運転を再開することになりました。
16日、津波で浸水して使えなくなった車両に代わる新しい車両1両が、トレーラーに乗せられて盛駅近くの線路に到着しました。

 新しい車両はクウェートの支援を受けて作られたもので、車体の側面に日本語と英語、それにアラビア語でクウェートの支援に感謝するメッセージが書かれているほか、車体の前後にはクウェートの紋章も描かれています。

 無題2_convert_20130218103148

 無題_convert_20130218103121


三陸鉄道によりますと、新しい車両はさらに2両到着する予定で、津波の被害を受けなかった1両と合わせ、4月から4両で運転を再開するということです。

 三陸鉄道の望月正彦社長は「あと1か月余りで運転を再開するので、この車両が元気に走ってくれればと思う。震災後、鉄道の重要性が再認識されているので、1日も早い全線開通を目指していきたい」と話していました。


NHK 2013年2月16日 15時16分


参考記事

宮中晩さん会:天皇陛下のあいさつ取りやめにの書き込みより

51 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2012/03/19(月) 10:56:13.96 ID:o8xh5MZh0
クウェート政府は、震災の時大型タンカー数隻分500万バレルの原油を日本政府に寄贈してくれたんだよ。
その価値は401億円。


クウェートからの復興支援原油贈呈式(PDF資料)

6兆円余らせ なお増税 復興予算未消化問題

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。